「メンタルてんきよほー」は”hikaru3.Labo”へリニューアル。

専門家ブログ構築セミナー参加レポ

ブログ運営
スポンサーリンク

こんにちは!HSPライターひかるんです( @hikaru3blog)

 

ブログを使って何かの仕事をしている人やブログそのものから収益を上げてきた人にとって、この一年は大変逆風を感じたのではないですか?

 

・アフィリエイトの収益が飛んでしまった。
・本業の宣伝や収益のためのブログのアクセスがなくなってる。
・無料ブログからワードプレスへ乗り換えが怖くなってきた。

 

 

上に書いた悩みを持つ人こそ、これからの戦略は「専門家ブログ」。今日は、手短ですがセミナーのレポートをします。

 

スポンサーリンク

はじめに

 

今年はブロガーやアフィリエイターにとっては、大波乱の年でした。

 

アクセスが激減した人が多くてぼくも例に漏れずそのうちの1人なのですが、昨年の年末あたりから今後について悩むことが多く、思うこともブレブレになっています。

 

従来のSEOが通用しなくなってきて、マーケッターと言われる誰もが正解を出せない時代に突入したと言っても過言ではありません。

 

ブログの運営をしている人も手探りのまま続けている。もしくは、心が折れて辞めてしまった人も少なくないでしょう。

 

 

 

講師は、ネットメディア研究所・所長落合正和氏の「専門家ブログ構築セミナー」

(画像引用:プロフィール|ネットメディア研究所:落合正和

 

講師は、ネットメディア研究所でFacebookをはじめLINEやTwitterなどのSNS評論家として、大活躍中の落合正和さん。

実際にお会いした印象で一言で言うと大変な苦労人。

 

 

・数十万アクセスのあったブログが中東諸国から謎の攻撃でアクセスゼロになった。

・数ヶ月かけて執筆した著書の原稿が入稿直前に車上荒らしに盗まれる。

・大量に輸出した商品をまるごと持ち逃げされる。

 

 

などなど、他にもここには書けないビックリエピソードが起こる度に三ヶ月は寝込む繊細な人。

昨年の大阪セミナーは、こちらの記事でレポしています。

 

しかしながら、

誰よりもブログを愛し。

誰よりも地元愛が強く。

誰よりも西武ライオンズを愛する。

関西人が見ても面白い関東人と断言できます。

 

その落合正和さんがコアアルゴリズム以降のブロガー状況をつぶさに観察し、仮説を立てて検証してきた結果、ブログのアクセスがなくても収益は確保できるとの結論が出ました。

 

その具体的な方法こそが、「専門家ブログの構築」

 

順を追って解説してみます。

コアアルゴリズムは弱者をなぎ倒した荒れ地を作った?

 

コアアルゴリズムを聞き慣れない人のためにポイントだけ。

 

「Google検索のユーザーにとって、最適解が検索結果等に現れるためのプログラム」

 

コアアルゴリズムについての詳細は下記リンクをご覧下さい。

(外部サイト

グーグル検索アルゴリズム夏の大アップデート! 今回の対処方法は?【SEO記事12本まとめ】|Web担当者Forum

 

Google検索のプログラムが変更されると、当然検索結果で見えるものが全く違ってきます。

 

特に、子育て・しつけ・住宅や自動車購入・法律的、資金的アドバイスと言った人の人生に影響が出そうなモノは、政府や大企業といった公的性質が高い場所の情報しか表示されないように変化しました。

良し悪しはさておき、想いを持って一生懸命にブログ記事を書いて育ててきた人にとって、自分の想いを伝える手段がなくなったようで途方に暮れているのではないしょうか。

 

記事が読者に向けて書いていたよりも、「アクセス(PV)数を稼ぐのに必死」ではありませんでしたか?

アクセス(PV)の数に依存した集客・収益モデルの終焉

ブログ集客をしてきた人にとって、2018年夏の検索順位変動は雷に打たれて瀕死になっているブログが大半と思われます。

 

ぼく自信もアクセスがピークの1/5まで激減。GoogleAdSenseに収益を依存していた人たちが、SNS上で絶望とも恨み節とも取れる発言が飛び交っています。

 

落合正和さんのブログはコアアルゴリズムの影響をほぼ受けないばかりか、5PVしかない記事からも安定的に仕事の依頼があるんです。

 

一体何が起こっているのでしょうか?

 

Googleが大切にしていることは第三者評価

 

アクセスが正義ではなくなったことは周知の事実となっています。

では、何が正義なのかというと、それはGoogleにも分からないのです。

 

というのも

検索するのは人間であり、人間の行動はアルゴリズムを動かすAIにはすべての予測は不可能。

ただ、傾向としては人の行動は権威あるものを信用する。

発信者の情報を判断する第三者の評価を解析すれば、おのずと価値ある情報が提供されているか分かるというもの。

 

現在、公的性質の高いコンテンツが多く表示されるのは、第三者評価が高いのが政府や大企業の情報だからです。

 

では、個人の発信する記事や情報は価値ないものなのでしょうか?

 

インプットが変わればアウトプットが変わる。

専門家ブログ

ぼくがこのセミナーで一番刺さった言葉が「インプットが変われば、アウトプットが変わる。」

 

個人の記事や情報に価値がないのではなく、

どこにでもあるコンテンツ(ブログ記事)

誰にでも書けるコンテンツ(ブログ記事)

では、もう読者も満足させる事が出来ない。

 

アクセス数で大企業や公的機関と戦うのではなく、読者が共感するあなたオリジナルの体験を提供する。

ただ、素人の発信するオリジナル体験では、Googleと言うよりも記事を読む読者の信用を得ることが困難なっています。

 

そこで、あなた自身が第三者から信頼を得られる専門家になれば、読者からもGoogleからも高く評価されるのです。

 

普通の人が専門家になれるわけがないとぼくも思っていましたが、講師の落合正和さんは元々は1人の格闘家で普通のサラリーマンでした。

その普通のサラリーマンが世間からもGoogleからも、ネットメディアの専門家・SNSの専門家と認識されるようになったのか?

プロセスの中に、これからのブログ収益のヒントがたくさん詰まっていて、セミナーではノウハウを惜しみなくオープンにされていました。

 

アクセス数に一喜一憂するのではなく、あなた自身の経験やスキルを元に専門家ブログにシフトすることこそ、これからのブログ集客です。

ブログはオワコンじゃないですよ。

 

まとめ

セミナーで得た情報や知識は落合さん自身の体験でもあり、お世話になっているグループ内で2ヶ月ほどレクチャーを受けた数十人が短期間で変わった実績を目の当たりにしてきました。

画面と文字から伝わって、感じたきたモノよりもライブ感ある情報や顔を見て話すから伝わるモノは、実際に体験してみたはじめて得るものです。

スポーツ観戦や観光でも実際に体験するのと、画面越しにみるのとでは得る感動や情報は比べ物にならないはず。

Google検査結果に一喜一憂している人にこそ、ぜひともライブで情報に触れてほしいです。

 

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ひかるん

当サイト「hikaru3.Labo(ひかるんラボ)」管理人
45歳で軽度ADHDと分かり、現在リハビリ中。

ミラーレス片手に自然や大地に近づいて、様々な問題が解消。
Perfumeと仮面ライダー電王で「未来に希望を持つ」

詳しいプロフィールはこちらで~す

ひかるんをフォローする
ブログ運営
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
hikaru3.labo

コメント メールアドレスは公開されることはありません。*印はが付いている欄は必須項目です。