小林麻央さんの報道を見て、報道する側・叩く側に思うことがある!

ABOUTこの記事をかいた人

双極性障害2型/HSP/PTSDを現在治療中。ブログを書きはじめて、確実に良くなりました。働けない今、自宅仕事と障害年金で生活しています。 詳しいプロフィールはこちらで~す

スポンサーリンク


小林麻央さんのご冥福をお祈りするとともに、残されたご家族・ご親族や関係者に心よりお悔やみ申し上げあげます。

あまり、こういった話題を話すのは得意ではありませんが、報道のありかたやそれを叩く人達を見ていて感じたことをお話したいと思います。

 

ぼく自身も母を末期がんで半年で亡くしています

 

もちろん、麻央さんと社会的な立場や年齢は違います。ですが、がん治療を支えた家族として、今日の訃報はとてもショックでした。

それと同時に、夫の海老蔵さんが気丈に会見で話しをされていたのを見て、精神力がとてつもなく強い人と感じました。

母が絶命する前には、父はもう狼狽して、落ち込んで。。。

 

配慮した報道をするマスコミも中にはあります。

 

しかし、それよりも人の感情や人を人と思わないような質問。また、少し考えたら、今、話しを聞いていい状況なのか?

わかりますよね。わかっててやってるっぽいですが・・・

 

がんだけでなく、重い病気で闘病中の家庭に時間を考えずに押しかけたり、大挙して質問、いや、拷問ですよね。

行き過ぎる報道は、報道じゃない!祭りにしてるだけやん!

 

 

マスコミがいう正義や正しい報道って、なんかおかしくないですか?

 

無茶苦茶な暴言を吐いていた女性衆議院議員がいますが、彼女の家に押しかけて

「辞めないのか?」

「どういう気持ちですか?」

などは、麻央さんほどしつこくやってないんじゃない?

 

明らかに人としてアカンやつは程々にして、命がけで闘病している人に徹底的に張り付くって、そこは逆でしょ?そう思いますがねえ。。。

 

 

マスコミがない世界ってどんなか考えてみた

 

真っ先に思ったのが、

小林麻央さんって人の存在すら知らないまま

から騒ぎで見てたけど、あれもマスコミやもんな。

 

よくも悪くも多くの人が何かを知るのは、テレビや新聞と言ったマスコミ。今は、ネットからでも放送できるので、こうしたインターネットに発信することもマスコミの一部かも知れません。

 

これが全部なくなると、隣近所で顔みて話を聞くくらいの情報量しかなくなりますね。

真央さんが夢で仕事をしていたニュースキャスターって仕事も存在しないわけです。

 

マスコミには、ニュースだけでなく商品の広告宣伝の役割もあって、歌手や俳優が多くのファンに知られるのもマスコミの存在のおかげですよ。

海老蔵さんが記者会見で、この部分については謝意を述べていましたね。

2人が出会ったきっかけでもあり、麻央さんが同じ病気の人とつながって力をもらえたり、もらったりしたのも人に多く知られる手段があったからこそ。

 

マスコミ叩きをしている人はどう思ってるんやろ?

 

マスコミ叩きをしている人が今日もなくなってしまえって、これみよがしに叩いていましたが、ほんとに無くなってもいいんですか?

訃報やマスコミが過剰取材しているって情報は、どうやって知ったの?

マスコミが流した情報じゃないの?

叩いている事って、自分に直接被害が来ないからじゃない?

 

それって、マスゴミどもって言ってる人と同じやん。あんた、同じやで。

 

取材という名で人情のないふるまいをしている残念な人へ

 

あなたも精神を病んでいます。

きっと、ぼくよりも相当状態が悪いですが、精神疾患でないですね。

精神疾患なら、人の痛みがよくわかりますもん。

 

人の不幸や人情のカケラもないこと仕事というなら、それは仕事ではなく犯罪です。

他人の墓地で墓を掘り返して、荒らしているようなもんです。

高貴であれとは言わない

良心の呵責とか。。。聞くだけムダやんね・・・

 

コッソリ隠れて取締するお巡りさんに、

「なぜここで違反する前に止めなかったんですか?」

「違反を待っていたのは、なぜですか?」

そんな方が喜ばれる報道じゃないですかね。

知らんけど。



シェアありがとうございます