ABOUTこの記事をかいた人

双極性障害2型/HSP/PTSDを現在治療中。ブログを書きはじめて、確実に良くなりました。働けない今、自宅仕事と障害年金で生活しています。 詳しいプロフィールはこちらで~す

スポンサーリンク





ども!双極性ブログ編集部のひかる(@hikaru3blog)です。

双極性障害の人のうつ期やうつ状態の時は、体調も気分もドン底。

人がキラキラ見えてくるし、自分がとてもみじめに感じて辛い。

ほくは、自分だけが感じていて、なんでこんな目に合うんやって思っていました。

今思うと、最低な自分だったと思いますが、あの気持ちを知っていないと今の自分はないと思っています。

卑屈で人を羨ましがっていたぼくが、マイナスな気持ちにばかりとらわれなくなった経緯を話してみます。

ブログをやる前のぼく

現在も手放しで元気な訳ではなく、この記事のボリュームですら3日がかりで書いています。

細かく下書きで分けて書いてまとめてます。でないと、体も痛いし、集中力が続かないので一度に書けないんです。

以前は、もっと酷くてパソコンの前に座るのも無理でした。

 

ブログをする前に自覚があったのはこんな事。

気持ちを胸に溜め込むとさらに体調が悪く、気持ちもどす黒くなっていく事。

ここは分かっているのに。。。

でも、うつ状態になると自分の気持ちをもてあまして、どうしていいかほんとにわからなかった。

 

誰かにどうしていいか教えて欲しい!助けてほしい!

どうにもならないし、なにも変わらない毎日でいっぱいいっぱい。

勝手に涙がポロポロ流れて、流れっぱなし。

程度の違いはあれど、双極性障害の人なら経験していますよね。

 

変わったのが前にやっていたブログ

 

感じている不安や愚痴、とてもひっかかりある出来事なんかを全部吐き出しているとスッキリしてきたんです。

一ヶ月もしないうちにコメントを通じて同じ病気の方と友達になって、気持ちが分かってくれる人をやっと見つけてブログが楽しみになっていた。

同じ歳で、子供も同じ年で離婚して、子供には一度も合わせてもらえない人。

こんな気持ちって、同じ境遇の人同士でしか分からんものです。

 

バツイチ子持ちで子供と一緒にいる人は、きっと別の苦労をしている。

けど、側で成長する姿見れたり、毎日話したり、様子見れる事がない喪失感は分からんとかね。

 

ブログをやっててよかったのは、発信して自分の気持ちが楽になるってわかったこと!

前のブログを書いてた時は、5年前くらいで社会復帰してた時。

間もなく、過酷な勤務で再発して、ブログもやめてしまいました。

 

メンタルてんきよほ~のブログは一年間やっています。

当初は1週間に1記事公開が精一杯。ほとんど頭痛と睡眠障害で横にならないと持たなかった。

今は、同じような状況でも負担なく書けるコツをつかんで、毎月68,000人の人が訪問してくれるまで成長しました。

 

双極性障害の患者がブログをやるべき理由

 

うつ病に比べて知られていない双極性障害。その患者は、日本の人口のたった5%しかいない

こんなレアな経験をしている人間の方が人の痛みがよくわかる。

記事にする事で貴重な経験をいかすことができる。

あなたも、ぜひ気持ちを吐き出すってことをやって欲しい。

 

手軽で友達を作りやすいのは、アメブロとLINEブログ。

ブログとSNSのちょうど間で、スマホでちゃちゃっと書けます。

よく良かったことを書きなさい的な話もありますが、、、無視!

 

マイナス感情や身体の痛み・不調など、手元から手放す方がいいのを吐き出す。

頭と気持ちが整理できる実感がわく頃には、かなり楽に変わっています。

 

周りに大事にされていないって思ってませんか?

 

自分を大事にしてくれないな~って、ずっと思ってました。

今は、「人は人、自分は自分」と思っているので、大事にしてくれないとスネることはなくなりました。

 

他人に依存するって一見楽に見えて、期待通りにならないものなので、ガッカリな事だらけです。

周りの人の感情や態度って、ビシビシ伝わって来るので余計かも!?

 

助けてくれる存在って思うのが間違い。

 

あなたがするべきは、家族や周囲への過度に期待ではなく、自分が自分を大事にすることです。

 

双極性障害の人にブログをススめる理由・まとめ

 

いかがでしたか?家族に逆ギレしたり、当たったりしてもいい事ないよ。

自分で自分を大事に出来たら、今感じている疎外感や寂しさは消えていますよ。

なくなるのではなくて、気になりません。別に家族って必要性を感じなくなります。

自分がどうすると救われるのか。探して自分で救ってみると、周りに依存しなくなりますよ。



シェアありがとうございます