CATEGORY 双極性障害

双極性障害

うつ患者が寛解する癒しは、幸せホルモンのオキシトシンにあった。

幸せホルモンは、女性だけでなく男性も持っています。オキシトシンというホルモンは、うつなどの精神疾患のセロトニン不足と深い関わりがあると最近分かってきました。睡眠障害を改善し、腸内環境を整えるとうつはよくなるといわれています。女性に分かりやすい話になりますが、大切な内容なので男性や患者でない方も必見です。

双極性障害

精神疾患の病状って言葉では伝わらない。見える世界はこんなだよ

健常者にうつを体験させるのは無理なので、仕事中の視界を再現しました。理解してもらうツールにしてください。糖尿や高血圧と違い数値化されない精神疾患。健常者が感じる「うつ」と病気の「うつ」は全く別物。誰もが感じる憂鬱な気分=うつ病のうつ状態と思っているのを感じてきました。

双極性障害

双極性障害の症状から治療までわかる、この一冊の本を読まないと損

躁うつ病(双極性障害)について分かりやすい本を紹介。治療・薬の事や患者への対処法を中心に家族や患者本人が病気を知る入門書で、内容も紹介しています。Amazonでは双極性障害の本で一番高い評価を受けています。うつ病との違いから、双極性障害の躁状態がどういったものかなど優しく解説しています。

僕の闘病

双極性障害のつらいのは、軽そう期からうつ期になる時期!

今日は双極性障害の症状についてお話しします

双極性障害とうつ病との違いですが、双極性障害はそううつ病と言われていました。躁状態とうつ状態が波のように繰り返す病気です。この波が一定の周期でないのが本人も周りも困るところですね。(凄いそう状態の双極性障害1型と軽い双極性障害2型があります)。