メンタルが弱い自分が変われない原因と楽になる方法

ABOUTこの記事をかいた人

HSPと知って、自分の感じてきた生きづらさを解放する方法を模索中。1日平均2,000UUのメディア運営の三年目。 ブログへ気持ちを書き出す事で双極性障害2型を克服しつつある。現在、家族関係のPTSDを治療中。スナップカメラマン。電王ファン。Perfume愛。 【詳しいプロフィールはこちらで~す

こんにちはひかるです。

いやいや、やっちゃいました。食卓に足を勢いよくぶつけて、指にヒビが入るという鈍くささ。

友達には「お前、骨粗しょう症ちゃうか~」とか

別の友達には「笑いにならん体の張り方せんでもええんやで。」

などと失笑された平成最後の夏です。

 

あ、ちなみに音声入力で文章を書いています。どうやっているかは、またの機会に。

 

そんな事はどうでもいいんですよ。

 

本題。

 

どうしても他人の目が気になってしまいませんか?

学校や職場、家庭や友人関係で今だけじゃなく、昔からずっと自分の気持ちよりも他人の目によく映るように行動しなきゃいけないと思った来たのではないですか?

 

 

でも、自分は幸せでしたか?

 

メンタルが弱かった自分が今、とても安定して楽しい毎日と感じるように変われました。

変わるべきタイミングはたった一度だけチャンスを逃したくないでしょう?

あなた自身が今持っている不調や不安から、変わるヒントになればいいなと思い、気をつけていること3つについてお話します。

 

メンタルの弱さを変えたい人。「心に素直になる」を意識してみよう。

 

よく耳にする「自分の心に素直になる」

 

きっとそう出来ない人がほとんどで、思ってはいるものの一歩踏み出すのに抵抗感があるのではないでしょうか?

100やれなくてもそのうちのたった1だけでもOKにして行動始めて感じること。それは、

 

「余計なものにエネルギーを使わなくなるし、使わなくなったぶんのエネルギーを本当に大事なものに力を注げるて良い循環が生まれた。」

 

メンタルを安定させる考え方は、次の三点を意識して変えてみることでした。

ここ重要!

・ゴシップや炎上案件に距離を置く。

・プラス発言もマイナス発言も両方ともがっつり受け止めない。

・「あと少しの辛抱しないと自分はダメな人間」という恐怖感は横においた。

 

すごいストレスになっていたので、メンタルを安定させるため以上3つを徹底して意識していますが、かつては悪い循環から抜け出せずにいました。

 

 

メンタル面の悪循環の原因と対策方法

 

攻撃したりされるのを見て感じる刺激がとてもつらかった。

 

一つ目のゴシップに関しては、「人が人を攻撃したりされたりする」姿を見て感じる刺激が幼い頃から苦手でした。

 

また、テレビやネットなどでは繰り返し同じ情報が大量に流れ込んできて、避けられないマイナスのイメージのシャワーを浴びてるよう。悪影響が刷り込まれるようでも拒否できないくらいでグッタリ。

しかしながら、テレビやネットニュースをシャットアウトするとなんか世の中から置いていかれるような不安もあり、いい雰囲気になれないままの悪循環に浸かりきったまま。

変えようとしたきっかけは、ある瞬間に考えが降ってきました。

 

 

一生懸命怒ったり、この人ここがダメって思うことを言ったところで、相手も自分も全く関係ない人。何も変わらないなーって。

 

いつまでも同じ悩みから開放されない残念な人がきっかけになり現在では、

見かけても「できるだけスルー。」もしくは「まあそんなこともあるやろ」で終了。

 

たまに反応しちゃうこともありますけど、以前が100としたら今は10ぐらい。

 

悪影響を受けたくないので、付き合う相手を選んでます。

 

以前は同じ境遇の人の発言に良くも悪くも共感することが多く、また、違和感を感じることがあっても付き合いを自分から切ってしまう事は悪い事という強い思いがありました。

 

次第に「なぜこの発言や行動になったんやろう」と考えるようになる一方で、

マイナスの発言やぐち・ねたみ・怒りばっかりの人は自分に悪影響しか与えないので相手に同調するよりも自分は距離を置いて悪影響をブロックしたいという考えへ変化。

 

現在、明るい雰囲気であったり言動する人になりたいと思うので、悪影響には染まりたくなく無関心で関わりたくない。

 

無理を感じたら「そこで一旦終了」で自分を大事にする。

 

最後なんですが、「無理を感じたらそこでやめる」というのが一番大事。

 

自分の性格的なものなんですけど、「手を抜くことは悪いこと」と「適度に要領よくっていうのができない」性格で、どうしてもあともう少し頑張ればいい思考から抜け出せない。

HSPが感じる生きづらさがあと少しあと少しをずっとずっと先送りにしてしまい、休むことが出来ない。

 

楽する自分に後ろめたさを感じていたんです。

 

楽に長く続けることの方が本当は大事。また、無理を続けても誰も幸せにならないし、特に自分は幸せにならない。

 

 

他人を急かす人はその時の本人の気分を良くしたいだけ。もし自分が倒れてしまっても助けてはくれない。

 

自分のことを大事にしない人間の言うこと聞く必要なんてない。自分しか自分を守れないと思っています。

 

 

まとめ

 

この記事を書くきっかけは野沢謙介さんのブログ「遠回りこそが最短の道」の記事でした。

(外部リンク)→ 落ち込むことが多かった僕がメンタルを強くするために続けている3つのこと

 

同じように考えている人がいて嬉しいような、自分が感じた事が間違いなかったと確信。

 

ゴシップを見ないようにしたり、付き合う相手を選んだり、無理を感じたらそこで中止って、自分の気持ちに素直な行動。

 

余計なものにエネルギーを使わなくなるし、使わなくなったエネルギーの行き先を自分の大事な物事へ力を注げるようになるので良い循環が生まれました。

 

一歩踏み出せない人へ、もう一度だけ。

変わるべきタイミングはたった一度だけですが必ずやってくるので、「今ここで自分が変わらないとダメだな」感じたら勇気を出して心の声に正直になりましょう。

 

おすすめの関連記事はこちらです。

思いやりや想像力に欠ける人は、いつまでも同じ悩みから開放されない。残念な人の残念な発想のせいと思う。

「やりたくない事はやらない主義」- ぼくの望みとこれからのこと -

「あなたのためを思って」という人は傲慢

シェアありがとうございます

HSPメールマガジンを読んでみませんか?


ブログでは伝えきれない情報

メールマガジンで配信しています。

 

◆ LINE@のメンバーさん。

◆ 最近、このブログを知ってくださったあなた。

 

現在、登録を大募集中!

メルマガ登録フォームはこちら