よくある質問コーナーにリンク

特技?太陽を見るとくしゃみが出るけど、病気なのか調べてみた。

光くしゃみ反射

ABOUTこの記事をかいた人

月間約10万アクセスのブログの運営者。HSP(繊細で敏感な人)であることがわかってから、自分のあり方を模索中。 双極性障害2型・PTSDを現在治療中。ブログを書きはじめて、回復しています。 【詳しいプロフィールはこちらで~す

暗いトンネル映画館から出て急に明るくなった時。

 

または、屋外で直接太陽を見た時。

 

鼻がムズムズしてきて、「へックシュン!」とくしゃみが出ませんか?

 

みんなそんなものと思っていました。

 

が、

実はそうじゃないって気がついたのがつい最近。

 

一度気になると調べたくなるの性格なのでちょいとリサーチ。

 

「太陽を見てくしゃみ」で検索をかけてビックリ。驚くべき事実が判明しました。

 

太陽を見てくしゃみが出るのは病気なのか?

 

太陽 青空

 

小学生の頃、休み時間になると運動場に出て太陽を見ていました。

 

くしゃみが連発で出るのが友達にめっちゃウケてたんです。

 

不思議な現象(現象なんかな?)、最近まであまり気にしてなかったんですが、HSPの事を調べてる内にだんだんと気になっていました。

 

 

ほら、

赤ちゃんのくしゃみって可愛いじゃないですか?

可愛いから無理やりくしゃみさせませんか?

 

 

あれ、ぼくもやられてたらしく。

親戚のおばさん

親戚のおばさん

 

 

 

 

「赤ちゃんの時から太陽を見せたらくしゃみが止まらんから、面白くて『太陽を見てみ~。』って。」

「クシュン・クシュンって連発するのがめっちゃおもしろかったねん(笑)」

 

 

 

 

 

おもちゃにされてたようです。

 

 

 

でも、

そのおばや両親、兄弟やいとこには誰一人そんなくしゃみ出る人はいないんです。

だから、おもちゃにされてたんですけど。

 

身内にいないということは、遺伝性じゃないのかな?

 

そーいや、ぼくの子供達も太陽を見てくしゃみしてなかったような?

 

 

光くしゃみ反射という名前があった。

 

YouTuberのはじめしゃちょーも「太陽を見てくしゃみが出る」ようですよ。

 

動画を見てて、「大げさに盛ってるやろ~。」と思ったでしょうか?

 

マジでこんな感じです。

 

この現象、「光くしゃみ反射」という名前で鹿児島大学が研究

 

ただ、まだまだわからないことだらけ。

 

光くしゃみ反射を研究している鹿児島大学の資料から、今、分かっていることだけをピックアップ。

 

 

 

光くしゃみ反射は、アレルギーではなくて反射。

 

◯ 反射とは。

熱いフライパンに不意に触った時、無意識に手を引っ込める。

これが反射で、受けた刺激が脳に伝わる前に神経レベルで身体が動く反応

(やったよね、確か)

 

 

つまりは、いちいち「熱い→逃げろ」ではないってこと。

 

くしゃみに話を戻すと、

アレルギーは鼻に異物感を感じた時に、鼻水で身体の外に出そうとしてくしゃみが出ます。

 

太陽を見てくしゃみが出るのは、アレルギーではないんです。

 

 

光くしゃみ反射の仕組み

 

アレルギーでくしゃみが出る時の身体の仕組みは、

「異物感発見→鼻水とくしゃみで異物を追い出せ→くしゃみが出る」。

 

光くしゃみ反射は光を異物と見てるのではなく、光の刺激で神経が反射している。

 

 

少し詳しく説明をすると。

太陽光などの強い光の刺激。

→目の神経が刺激を神経に伝える。

→刺激の信号が脊髄にある三叉神経へ。

→三叉神経で鼻への刺激を受けるポイントに信号が到着。

→三叉神経でくしゃみを出す命令を出す。

→ヘックション。

 

 

流れはこうじゃないかな?と考えられています。

 

 

なぜ、目が受けた刺激を鼻への刺激になってしまうのか?

研究が進むと、不思議な部分に答えが出るでしょうね。

 

 

 

光くしゃみ反射は優性遺伝。

 

親から子供へ遺伝するものに、二重まぶたや背の高さなどがあります。

鹿児島大学の研究でも、光くしゃみ反射も遺伝するようです。

ただ、ぼくのように親から遺伝しない人も確認されているようで、「遺伝すると推察される。」と表現がとどまっています。

 

 

日本人の25%がこの反射を持っている。

 

日本人の25%、4人に1人がこの反射を持っています。

(引用:光くしゃみ反射|鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科形態科学 口岩聡

 

資料を見て、男女差がないようです。

 

補足

HSPの場合、日本にはこういった資料がありませんが、女性が圧倒的に多いです。

 

 

車や航空機の事故原因になっている。

 

サングラス 赤ちゃん

 

 

車の運転中にトンネルを抜けて明るくなると、くしゃみを連発してたら当然前が見えません。

また、航空機のオートパイロットでない時の事故原因でも、パイロットが直接太陽を見てくしゃみなどが報告されているようです。

 

 

くしゃみがでない人でも「朝日や夕陽をまともに見ると、眩しくて前が見えない。」こんな経験がありませんか?

 

 

この場合、事故の危険性が高くなるし、車やバイクをちゃんと運転できません。

 

くしゃみをしていると、逆光どころかまったく前が見えない。

 

でも、

サングラスをかけたり、サンシェードで光を遮るとくしゃみ反射が出ません。

調子に乗ってサングラスかけてるのではなくて、本当に危ないし怖いんです。

 

サングラス男

 

 

 

 

 

 

普段はサングラスが必要ないので、メガネの上からかけられるサングラスをAmazonで見つけました。

サングラスを一から作ると、1万円前後~数万円。

目が疲れにくい偏光サングラスだと、レンズだけで数万円。

 

写真のサングラスは2,000円くらいでしたよ(#^^#)

 

 

 

 

てんかんの可能性があるので注意が必要。

てんかん 光くしゃみ反射

光くしゃみ反射の人がすべてにてんかんの可能性はありません。

ただ、てんかんで近年交通死亡事故のニュースを耳にするようになり、自動車運転免許証の更新の際にも確認されるようになっています。

 

てんかんの発作は、なんらかの刺激で脳に命令が行って、呼吸困難や意識がなくなるもの。

光くしゃみ反射を持つ人のなかには、この発作が出る人がいるようです。

 

ポイント
自分では中々気がつけないので、周りの人のサポートが重要。

 

年齢とともに光くしゃみ反射が出にくくなる。

 

年齢とともに反射が出にくくなるのはぼくの体感で、研究機関の報告にはありません。

光くしゃみ反射は、若い時ほど現在は出なくなっているのは事実。

 

神経が経年劣化しているのか?

他の要因で光の刺激に鈍感になったのか?

 

40歳を超えてからは、はじめしゃちょーの動画くらいくしゃみが出ず、大きく一回ハクションくらいになっています。

 

 

日本人だから、光くしゃみ反射が出る。

光くしゃみ反射

 

 

瞳の色が薄い外国人は、太陽を直視できません。

太陽光が眩しすぎるので、外国人がサングラスをかけているんですね。

 

 

日本人は、裸眼でも太陽をガン見出来るでしょ?

あれ、瞳の色素が濃いので光の刺激に強いんです。

 

 

光くしゃみ反射するのが外国人のほうが多いんじゃない?

と、疑問を持ちました。

 

色素が薄い外国人は、そもそも太陽光を遮らないと目を開けていられない。

 

だからこそ、サングラスをかけて光の刺激を受けにくい生活スタイル。

 

ところが、日本人がサングラスかけてるのは一般的ではない。

むしろ、一般人が眩しすぎる理由でサングラスかけていても「態度が悪い。」とか「カッコつけるな。」とか。

なんか、そんなムードありませんか?

 

 

サングラス男

 

 

 

 

 

 

ぼくはくしゃみが出るとスッキリするので、わざと太陽を見てハクションしてます。

鼻がムズムズしてくしゃみが出ない時、めっちゃ便利なんです。

 

 

他にも珍しいくしゃみ反応がある。

 

 

性交時にくしゃみが出る人もいるようです。

2008年にイギリスのオックスフォードのある病院で発見されました。

「光くしゃみ反応」と同じ仕組みと思われていて、性交によって交感神経を刺激してると考えられています。

 

くしゃみ1つを調べていても色んな事があるんですね。

 

 

光くしゃみ反射のおさらい。

 

光くしゃみ反射まとめ

・太陽を見てくしゃみが出るのは反射。

・病気でもアレルギーでもない。

・親から子供へ遺伝する可能性が高い。

・瞳の色に関係している。

・鹿児島大学で研究されている。

 

病気ではないけど、気になる過敏な反応はたくさんあります。

 

ですが、その刺激への過敏さをすべてマイナスに捉えると、生きづらさを感じる一方になる気がしています。

 

サングラスなど、色の入ったメガネレンズである程度は防ぐことが出来るので、いい方向に活用したいですね。

 

関連記事

 

脂肪腫の手術記事がめちゃめちゃ読まれています。

脂肪腫の手術を受けましたが、費用や保険を調べてみると・・・



スポンサーリンク

光くしゃみ反射

シェアありがとうございます

HSPメールマガジンを読んでみませんか?


ブログでは伝えきれない情報

メールマガジンで配信しています。

 

◆ LINE@のメンバーさん。

◆ 最近、このブログを知ってくださったあなた。

 

現在、登録を大募集中!

メルマガ登録フォームはこちら