サイトリニューアル中
・一部見えづらい画像があります。
ご不便をおかけしますが、しばらくお待ち下さい。

うつから正社員で転職・再就職出来る仕事探し

ABOUTこの記事をかいた人

月間約10万アクセスのブログの運営者。HSP(繊細で敏感な人)であることがわかってから、自分のあり方を模索中。 双極性障害2型・PTSDを現在治療中。ブログを書きはじめて、回復しています。 【詳しいプロフィールはこちらで~す

 

こんにちは!ひかるです(@hikaru3blog)。

 

 病気療養でかなりブランクが空いている事。

 転職の限界年齢とかいろいろ気になる。

 また、仕事でうつが再発しないのか心配。

 

こんな悩みを持っているあなたが「うつ病 求人」とか「うつ病 転職」と、検索エンジンに入力。

 

就労支援をやってる会社や求人サイトの宣伝記事ばっかり。

 

うつの病気休職から回復、一般事務で再就職した本人のコメントが書いてありますが、あれ本当かなと疑っていますね?

 

ぼくはどこからもお金ももらっていないし、広告記事も書いていません。

 

なんのしがらみもないので、「どんな転職活動をして転職出来たのか?」自由に書いています。

 

普通の人が転職した話は聞きたくない知りたくないって人。

この先読まないでください。

あなたのために書いていません。

今すぐ閉じてください。

 

自由な立場で「うつ病で就職できない人向けに仕事探しには大切」と思う事をまとめました。

 

 

うつ病は就職できないのか?

 

仕事探しでは、うつ病を隠すのがいいの?

 

うつ発症からの事を素直に話すと全部落とされました。

 

病気療養の期間が空白になるので、「資格試験の勉強に集中していた」などつじつま合わせが出来ないと厳しいです。

 

多くの企業は、うつ病や双極性障害って聞くと採用しません。

 

(障害者専用求人でも身体しか想定してないって断る会社も・・・)

 

 

また、隠して入って「実は私…」って話すと虚偽申告で解雇の可能性もあるんです。

 

経営者でないので理由は分かりませんが、メンタルを病んだ人を避けるって悲しくなりますね。

 

うつ病ってホントに知られてなくて、しつこく質問だけして不採用とかも。

 

インドアのテニススクールを展開しているある企業とかね。検索エンジンで調べて想像してください。

 

 

 

うつを隠しながら働くほうがストレスになるので、面接の時のそれとなく話すのがベスト。

 

 

 

うつ病になった人が、再就職できないなんてことはありません!

 

 

 

「再就職するには向いている仕事を知ってから」探すと効率がいいです。

 

 

 

うつでの仕事探しでは、アルバイトで社会復帰していくのがいい。

 

 

再就職に向けて休んでいる間に、仕事を探すプランを考えてませんでしたか?

 

今は、その情報を色々と集めているんですね!

 

上野秀樹

なにも知らずにバカ正直に話していたので、社会復帰までにめちゃめちゃ多くの失敗をしました。

 

 

そこから学んだこと!!

 

アルバイトで社会復帰のポイント

1.オープン転職しやすい。

2.自分のペースで働ける仕事を見つけやすい。

3.正社員雇用はうつ病でもアルバイトなら道がある。

 

ほぼ寛解や就労許可が降りた人は、アルバイトなどの非正規雇用・短時間勤務からのステップを踏んでいるんです。

 

 

30歳以上なら転職支援サービスを利用するとベスト

 

  • 派遣やバイトの経験しかない
  • 正社員で就職したいけど、職務経歴書に書くことが浮かばない
  • 求人票を見ても優良企業が見分けられない
  • すぐに辞めてしまうような会社には就職したくない。

 

こんな思いを持っている人が結構多く、ひとりで転職活動すると中々いい方法って見つかりませんよね。

 

転職に詳しいプロのアドバイスが欲しいところ。

 

 

いくつか転職支援サイトを検討して、1番利用してみたいなって思ったのが【就活エクスプレス】

 

東京都が無料で利用できるサービスを提供。

 

  1. 5日間の集中講座
  2. マンツーマンの就職相談&求人紹介
  3. 書類選考なしの合同面接会
  4. 最大6ヶ月のフォローアップ

 

転職ってすぐに決まらないとかなり精神的に参ってくるので、6ヶ月のフォローがあると心折れそうなときに強い味方って感じます。

 

 

10月3日限定ですが、キャリアトランプを使ったセミナーが受けられます。

キャリアトランプセミナーの募集は終了しました。

 

 

※ キャリアトランプを簡単に言うとカードを使って、頭の整理や自分を知る話を出来るもの。

 

 

(キャリアトランプの説明動画です。)

 

 

キャリアトランプのセミナー付プログラム説明会は、あまりやっていないのでホントにおすすめです。

 

 

説明会で話を聞いてみましょう。詳しくは下のボタンから↓

 

 

 

【追記2018.5.19】再就職・社会復帰をアルバイトからはじめよう

うつ病 仕事

 

 

派遣の仕事は契約期間があるので、体調不良で辞めると次からは派遣会社の社内選考で落とされる。

 

一見遠回りですが、

アルバイトなら自分に合わなくても辞めやすい。

さらに言えば、次に仕事を探すのに影響は出ません。

 

ひかる

休んでいた期間が空白になる問題も、アルバイトなら雇用期間がハッキリ決まっていないので、上手く切り抜けられました!

 

 

 

うつをオープンにしていても、アルバイトなら採用されやすい

 

会社を退職してからは、配送のアルバイトしていました。

 

オープンで働いていたので、通院や勤務時間を配慮してもらえたのが心理的に楽。

 

数ヶ月勤めた頃に「社員にならないか?」って社長に話ももらえたんです。

 

一見遠回りに見えて、案外近道なのです。

 

 

うつ病からの仕事探しは、求人内容よりも自分のペースで出来る仕事が大事。

 

 

いい求人に出会うのは、運と縁とタイミングなところがあります。

 

 

積極的に応募しても不採用続きな時もあり、かなり落ち込んで社会復帰に不安を感じました。

 

ありがちなマイナス要素

・収入源がゼロから感じる不安。

・社会復帰が遠のく不安。

・不採用続きで自信を失っていく。

 

 

しかし、

アルバイトと並行して転職活動をしていたので、きっとまた就職出来る自信を持てたのも事実。

 

 

「正社員になれない不安」よりも「再発しない仕事」が大切と思う

 

dgthyjkvcytxhjcthxjc_TP_V

 

 

とても重要な事を見失っていたんです。

 

 

1.双極性障害(躁うつ病の)・うつ病は再発すること。

2.うつ期がないのは寛解と勝手に思っていた。

3.クローズで入社してしまった。

4.本当のストレスと感じる事を誤認していた。

 

 

 

再発しがちな人に気をつけてほしい事。

それは、完全に治ったと思ってしまう事。

 

 

 

 ・ 深夜まで連日残業を断れない。

 ・ 少しだけ自分がガマンしたら丸く収まる。

 

再発することなんてまったく頭にないままじゃないですか?

 

 

 

うつ病からの転職・再就職では、自分の状態を周りの人に聞いてから仕事探しをするのがベスト。

 

 

 

いきなりフルタイムで働くのは危険性が高い

 

世間の都市伝説「40歳を超えると転職できない説」で心は焦りでいっぱい。

 

ひかる

普通に就職出来ましたよ。転職定年説って疑わしいです。

 

 

「転職サイト」・「ハローワーク」・「派遣会社」など、

仕事に就けそうなところはすべて利用してみましょう。

 

 

紹介予定派遣の正社員採用前提で3か月~1年派遣で働いてみるのもいいかな?

(派遣先と本人が合意したら正社員採用されるという派遣)

 

 

〇 良かった点

  • あくまでも他社の人間なので、ほぼ仕事は定時で帰れた。
  • 残業も10時間なく、1分単位でついていた。
  • 派遣会社がマメに顔を出して、フォローアップの面談で不満などの交渉をしてくれる。

 

X 悪かった点

  • 交通費は出ない。
  • ボーナスも出ない。
  • 派遣社員なのに元請け会社との重要な折衝。

 

 

 

うつ転職では、紹介予定派遣でも就職を焦って決めないこと。

 

紹介予定派遣契約では、通常3カ月ごとに派遣会社があいだに入って、会社と本人の意思確認があります。

 

本人には、

就職に納得出来るまで、紹介予定派遣のままを継続する。

もしくは、

辞めて他社で仕事をする。

 

どちらを選んでも不利にはなりません。

 

もちろん、会社側にも

契約を続ける か 契約終了するか

その選択が出来るんです。

 

 

 

ぼくは6ヶ月の繰り上げで正社員採用になりましたが、

でも、一緒に入った30歳の男性は残念ながら3カ月で契約終了になりました。

※契約終了になった男性は、ExcelとWordを使った事がないまま、事務職に初挑戦で結果が出せなかったんです。

 

うつ病では障害者雇用で就職も選択肢のひとつ

 

ひとつの選択肢ですが、数回病気退職と再就職を繰り返すと症状が重くなります。

 

その場合は障害者雇用の求人で就職すると、仕事内容や通院の配慮があって、一般の求人よりもより働きやすくなります。

 

「精神障害者手帳」のメリット・デメリットと仕事や申請手続きとは?

2018.04.29

 

 

ぼくの失敗談から学んだ一番いい方法を書きました。

 

 

ソフトランディングは本気であと20年働くことを真剣に考えるからです。

あなたの考えもあるので参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

 

今すぐ下のボタンで予約!キャリアトランプ!

 

 

 

 

この記事のポイント
◆ 長期休職を隠して入社すると、虚偽申告で解雇の可能性もある。

◆ いきなりフルタイムの社員や派遣はリスキー。

◆ 正社員雇用のこだわりを一旦横に置く。

◆ アルバイトは勤務時間や日数重視。

◆ アルバイトもなんでもありではなく、「したい仕事」につなげる

 

社会や企業がうつ病患者になると使い捨てにしている事から、世の中が変わって欲しいと切に願います。

 

ひかるでした☆

 

 

おすすめの関連記事

 

会社で勤めるしか収入は得られないという考えが変わり、今の生活スタイルについて書いています。

 

うつで外で長時間働けなくなって、みつけた病気でも働ける・出来る仕事。

2016.12.26

双極性障害2型の就職数5年間で3倍に上昇中、仕事はあるんやで!

2016.10.08

仕事が長続きしないあなた!在宅とか自分のペースがいいんじゃない!?

2016.09.17

 

 



シェアありがとうございます

HSPメールマガジンを読んでみませんか?


ブログでは伝えきれない情報

メールマガジンで配信しています。

 

◆ LINE@のメンバーさん。

◆ 最近、このブログを知ってくださったあなた。

 

現在、登録を大募集中!

メルマガ登録フォームはこちら