人にモノを教える事のぼくのスタンスについて

ABOUTこの記事をかいた人

月間約10万人に訪問されているこのブログの運営者。HSP(繊細で敏感な人)であることがわかってから、自分のあり方を模索中。
双極性障害2型/PTSDを現在治療中。ブログを書きはじめて、回復しています。ウェブデザインコース修了生。

詳しいプロフィールはこちらで~す




 

こんにちは!双極性ブログ編集部

 

ひかるです。 (@hikaru3blog)

 

 

世間には人に教える仕事が多くなっています。

 

ぼくも将来的にはやってみたい夢のひとつです。

 

でも、少しだけ思うことがあり、Twitterでツイートしてみました。

 

 

 

 

 

 


ひかるん
ぼくのスタンスはこんな感じ

部活動の時思ってたこと

 

中高生の時、ずっと部活でキャプテンやってて、みんなをまとめるのも苦労したけど。。。

 

やってて面白くないからって、辞めていかれるのが悲しかった。

 

 

ホントはぼくが嫌いやったからかも知れへんとか、結構考えてしまって夜眠れんとかあったし。

 

 

楽しい場所を作るのはなんとか出来そうやったから、がんばって盛り上げ役になって。

 

 

それからは、自分も楽しい場所になったかな?

 

 

 

仕事もそうやった。

 

 

頭ごなしにやれって言われると、そいつが追いつけない場所まで行ってやるって思って見返してやる根性。必死になってたな。

 

 

ひかるん
軒並みそいつらの指導役になったけどな

 

 

そんな風に出来ない人もたくさんいたし、実際に今の考えになるまでに、たくさんの人とぶつかってきては凹み。

 

 

自分が嫌になったことのほうが多かったかも。

 

 

なれ合いがいいのではなくて、自分で自分を伸ばそうと出来るまでは、教える側がその滑走路になればいいって考えてます。

 

 

自分くらいのレベルなら簡単に追い抜く人が多いと思うし、実際にそうなってくると負けてられへんってぼくも頑張るし、お互いにいい影響があるのがいい。

 

 

ひかるん
ツイートしましたが、恐怖や暴力で管理するような指導は大嫌いです。そんな洗脳しても全然楽しくないし、ろくな死に方しないでしょう。

 

 

人に教えるのって、簡単じゃないと思う

 

さいわい、ぼくは色んな指導者に恵まれています。

 

その人達から学ぶことも大切やけど、

 

人を教えてて気づくとか、学ぶことも同じくらい大切やと思う。

 

 

 

 

教わる側も教える側も、ある程度の敬意が必要なんちゃうかなって感じます。

 

そのうえで、冗談言ったりふざけることが出来るって、いい関係やな~って思うし。

 

そこを見極めないうちに、他人を批判したり、自分の考えとちがう事に怒るのは大人げない。

 

ひかるん
そんなん義務教育までで学んどかなアカンよ。

 

 

 

 

残念だった上司や指導者もいますが、なぜか縁が切れるんですよね~。

 

もしも、悪縁を切りたい方がこれを読んでるなら、ここがおすすめです。

 

安井金比羅宮

 

ひかるん
本気で怖い場所でした( ;∀;)

 

 

ひかるでした☆彡

 

 

 

↓ こちらの記事も読まれています ↓



シェアありがとうございます