よくある質問コーナーにリンク

GW明けだけじゃない5月病は、病院に行けば対策や治し方が分かるの?

5月病って何?

ABOUTこの記事をかいた人

月間約10万アクセスのブログの運営者。HSP(繊細で敏感な人)であることがわかってから、自分のあり方を模索中。 双極性障害2型・PTSDを現在治療中。ブログを書きはじめて、回復しています。 【詳しいプロフィールはこちらで~す

ちょうど5月の連休明けに5月病になる人が出てくるイメージですが、実は4月にもすでにあって「憂鬱や人と会いたくない」など。

それが黄砂や花粉症、環境が変わったから気のせいが原因なのかと思いがち。

 

はたしてそうでしょうか?

 

今回は、5月病の原因と治し方をお話します。

 

5月病ってどんな症状になるのか?

 

 

新入生や新入社員がゴールデンウイークあたりで憂うつになったり、体調不良になることって。

こう言われていた時代もありました。

 

現在では、5月病という病気はないのが常識なんです。

5月病はないんですが、環境に上手く馴染めないなどの適応障害や軽度のうつ状態って判断されるんです。

 

また、自分が本当に望まないままの転勤や進学などで、自分の心が騙せなくなるのが原因とも言われています。

 

急な引っ越しで、新しい環境に馴染みにくい奥さんにもこういった症状になりがちで、どうしても女性がガマンして言えない空気があるのも事実ですね。

 

また、繊細で感受性が強いHSP気質の人は、環境の変化にも過敏に反応。吐き気や長期の微熱、倦怠感、不眠といった症状になりがちです。

 

 

5月病の原因って仕事?家庭?人間関係?

 

 

先に触れましたが、ストレスが1番の原因

 

 

5月病の大きな原因

季節が変わって身体がついていけてないなど環境原因

職場や友人関係の変化で無意識に気を遣う人的原因

 

上にあげた原因がきっかけになり、

「自分の不規則な生活リズム」、または「自身のストレス耐性の強弱」によって、

自律神経のバランスを崩し、身体や心が不調になります。

 

この原因があったからというよりも、

1.今までに小さな原因がいくつも溜まっていた。

2.それが一気に叩き壊されて、自分の中でストップが効かなくなる。

 

こちらのイメージの方がしっくりきそうですね。

 

では、どういった人がかかりやすいんでしょうか?

 

 

5月病にかかりやすいタイプ

 

同じように過ごしていても、あなたのように不調が出ない人も周りにいますね。どこが違うんでしょうか?

 

なりやすいタイプを挙げてみました。

 

◇ 完璧主義な人

◇ 環境の変化に過敏な人

◇ まじめな人

◇ 空気を読んで、周りに合わせようとしがちな人

 

あなたに当てはまりませんか?

 

5月病にかかりやすい人は、見方を変えるとこういえますね。

 

適応障害などのメンタルな病気になりやすい人の特徴や原因が同じ

 

そういえば・・・

気分を変えるのにかんきつ系のジュースが良いって聞いて、コンビニでグレープフルーツジュースを買ってよく飲んでいました。

 

あなたがうつ病などの病気なのか、気になるところです。

 

軽いうつ病や適応障害の可能性はあるのか?

tatemono_hospital2

 

あなたが5月病と感じだしてから、次の症状が10日以上の自覚があるか確認しましょう。

 

5月病チェック項目

・不眠や以前より眠っても疲れが残る。

・めまいを感じる。

・食欲が落ちた(なくなった)。

・全身のだるさや胸の圧迫感があり、しんどい。

・最近、人と関わる事が嫌になってきた。

・なぜか、涙が出る。

 

思い当たる節があるあった人は、軽い精神疾患になっています。

 

ストレスが原因の心身症状がハッキリ現れているので、早めに内科か心療内科にかかりましょう。

 

5月病のあなたは、だらしない人になる日を作ろう。

5月病

 

 

 

ちょうど5月に「メニエール病」が職場発症。

2年後まで職場へ戻ることはありませんでした。

 

不調が周りにも分かるくらいだったのに、「休みたい。いや、もう辞めたい。」

 

その一言が言えなかった、家族がいるとね。

 

 

あなたに思うこと。

 

「輪ゴムも引っ張ったままじゃいつかはプッチン切れてしまう。ゆるめる日も必要ですよ」

 

休みの日には1日ゲーム三昧でもいいし、「何もしていない1日」って思うくらいの事をしていい。

 

みんなそうして、自分なりのストレス発散方法を見つけています。

 

カメラ持って色々撮りだしてからストレス発散出来ています。

 

5月病

 

 

5月病の原因と症状、その対策のまとめ

 

 

季節替わりからの疲れや緊張が一気に出てくるこの時期。

 

同時に落ち着いて周囲や自分の状況も見えてくる時期でもありますね。

 

不調の原因が仕事や学校・合わない人間関係なら、思い切って逃げてもいい・離れてもいいんです。

 

あなたが病んで、本当に助けてくれる人たちってそこには1人もいないんです。

もしいるなら、きっと5月病になってないでしょ?

自分の人生は、今ある環境がすべてじゃないですよ。

 

ひかるでした☆彡

 

こんな記事も書いています

 

心の病気になって大事な事にやっと気づいた

うつ病と適応障害って、実は別の病気!

病気休職後、1年6ヶ月は健康保険からお金がもらえるって知ってた?

 



スポンサーリンク

5月病って何?

シェアありがとうございます

HSPメールマガジンを読んでみませんか?


ブログでは伝えきれない情報

メールマガジンで配信しています。

 

◆ LINE@のメンバーさん。

◆ 最近、このブログを知ってくださったあなた。

 

現在、登録を大募集中!

メルマガ登録フォームはこちら