Googleデジタルワークショップを修了して、ネットで稼ぐ知識を増やそう

 

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”pc-ueno.jpg” name=”うえのさん”]こんにちは~!

うえのです(@flexbox)です。[/speech_bubble]

 

 

突然ですがこんなのをTwitterのタイムラインなどで見かけませんか?

 

 

 

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”pikutosan.png” name=”ピクトさん”] おうおう!だいぶん前から気になってたんや。これなんやねん。 [/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”pc-ueno.jpg” name=”うえのさん”] Googleが無料でやってるオンラインスクールなんですよ。終了したらこんな公式認定証が発行されます。 [/speech_bubble]

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitterで見かけただけも簡単で楽しそうなツイートを見かけます。

 

 

デジタルワークショップってどんな人に向いてて、どんなことをやってるのか気になります。

 

 

紹介と説明するのでお付き合いくださいね。

 

 

Googleデジタルワークショップを受けるべき人ってこんな人

 

 

 これからGoogleアドセンスを始めたい人。

 もうGoogleアドセンスをやっているけど、イマイチ仕組みがわからない人。

 ネットショップを持っていて、売上に苦戦している人。

 

 

特にこんな人には、ぜひぜひやって欲しいオンラインセミナーです。

 

 

Googleの提供している無料ツールで知らないものが多くてビックリでした。

 

 

 

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”pc-ueno.jpg” name=”うえのさん”] パソコンからだけでなく、スマホやタブレットでもOK

[/speech_bubble]

 

 

 

動画を見てからのテストだったので、試験というよりも知識を得たメリットが大きかったです。

 

 

Googleデジタルワークショップはタダでこんな事が学べます

Googleアカウントさえあれば、誰でも今日から始めることが出来ます。

 

学習メニューは全部で23あって、どのメニューからはじめてもOK。

 

デジタルワークショップ一覧

インターネット上でのビジネス機会(2コマ)

オンラインで成功するための第一歩(4コマ)

ウェブサイトの活用(6コマ)

メールマガジンの活用(4コマ)

 

検索エンジンへの対応(6コマ)

検索で見つけてもらう方法(SEO第一章) (5コマ)

検索の有効活用(SEO第二章) (3コマ)

 

検索連動型広告で情報を伝える方法(検索連動型広告第一章) (4コマ)

検索連動型広告の改善(検索連動型広告第2章) (4コマ)

 

ウェブサイトの分析の始め方(ウェブサイト分析第一章) (3コマ)

ウェブサイト分析の活用方法(ウェブサイト分析第二章) (3コマ)

 

実店舗ビジネスのインターネットの始め方(実店舗ビジネス第一章) (2コマ)

実店舗ビジネスのインターネット活用方法(実店舗ビジネス第二章) (3コマ)

 

ソーシャルメディアの始め方(ソーシャルメディア第一章) (4コマ)

ソーシャルメディアの活用方法(ソーシャルメディア第二章) (4コマ)

 

携帯電話(スマートフォン)の可能性について (3コマ)

携帯電話(スマートフォン)向け広告 (5コマ)

 

ディスプレイ広告の始め方(ディスプレイ広告第一章) (3コマ)

ディスプレイ広告の活用方法(ディスプレイ広告第二章) (3コマ)

 

海外への展開 (7コマ)

動画の有効活用 (6コマ)

eコマースの構築 (2コマ)

インターネット上での販売促進 (3コマ)

 

 

 

ブログ飯を目指す人は、検索エンジンへの対応ソーシャルメディアの活用方法の知識は当たり前になってきます。

 

ザックリ解説 → 詳しい解説の流れなので、知ってる部分はいきなりテストでOK。(ぼくもそうやりました。)

 

 

Googleデジタルワークショップはこちらから

 

 

 

疑問?Googleデジタルワークショップって難しくない?

 

オンラインセミナーの流れは、

 

はじめに短い動画を見る。

選択式のテスト。

規定の点数なら合格。ダメでもやり直せる。

 

 

先に話しましたが、知ってる部分はいきなりテストを受けて時間カットでOK

 

もし、合格出来なくても大丈夫。

 

そこだけ、動画からゆっくり知識を得てテストに再チャレンジ。

 

 

Googleデジタルワークショップを終了したぼくの感想

 

自分では全部簡単に終わって、遊びみたいなものかなってタカをくくってました。

 

Googleの提供している無料ツールは、意外と知らないものの方が多くあります。

 

でも、動画を見てからのテストだったので、試験というよりも知識を得たメリットが大きかったです。

 

一回一回スキルアップする自分を実感出来ますよ。

 

 

[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”pc-ueno.jpg” name=”うえのさん”]うえのでした。

(@flexbox)[/speech_bubble]

 

 

耳より情報

ブログ記事でお話出来ない情報は、メルマガで発信しています。

例えば・・・

・HSP当事者が感じる生の声。

・HSCを持つ親が知りたい事。

・HSPと発達障害について。

その他、トピックス的情報など。

下のボタンをクリック

シェアありがとうございます

記事に関するご質問は、下のバナーからお問い合わせいただけます。

クリックすると、フォームが表示されるので気軽にご質問お願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

HSPと知って、自分の感じてきた生きづらさを解放する方法を模索中。1日平均2,000UUのメディア運営の三年目。 ブログへ気持ちを書き出す事で双極性障害2型を克服しつつある。現在、家族関係のPTSDを治療中。スナップカメラマン。電王ファン。Perfume愛。 【詳しいプロフィールはこちらで~す