他人の感情を無意識に拾ってしまって心が敏感な人は疲れる

ABOUTこの記事をかいた人

月間約10万アクセスのブログの運営者。HSP(繊細で敏感な人)であることがわかってから、自分のあり方を模索中。 双極性障害2型・PTSDを現在治療中。ブログを書きはじめて、回復しています。 【詳しいプロフィールはこちらで~す




いや~、参りました。

元々、低気圧に体調が左右される体質偏頭痛

最近、スカイプみたいなZOOMってソフトを使ったオンラインのセミナーや飲み会がどうも楽しめなかった。

参加していて途中で「アカン、なんか分からんけど。もうアカン。」って途中で退席。。。

 

頭痛の原因が別にある事に気づいてしまいました。

感覚が敏感な人や色んな事に繊細な人って、初詣とか大勢が集まるところが苦手で体調を崩しがち

実は、それって病気ではなくて、気質や性質かも知れません。

 

感覚的な話になるので理論的に説明しにくい話になりますが、同じような感覚の人に共感してもらえたらと思い、無意識に拾っていると感じたエピソードを紹介します。

 

 

他人の感情を拾うという感覚について

Photo by Rob Bates on Unsplash

 

今年流行った言葉で忖度(そんたく)ってありました。辞書の説明では、【他人の気持ちを推し量ること】。

 

 

・他人の感情を拾うというのは、忖度(そんたく)とは程遠い。

・人一倍感覚が鋭いから、他人の感情にも敏感に感じるというのもちょっと違和感が。

・共感力が飛び抜けて周りの人よりも高いのかな。

 

 

以上のように感じる人もいるのではないですか?

 

>> このマンガで書かれている事がズバリあなたの感覚かも?

 

 

ぼくの感覚なんですが、頭や身体に入ってくるような。刺さってくるような。

勝手に入ってくるって表現が1番近いかな?

こんな感覚がありませんか?

 

 

プラスの感情の時はまだいいんですが、マイナスの感情の時はそれに引っ張られます。

時間とともにマイナス感情を出した本人は忘れてたりするんですが、ぼくは受け取った感情が残ってて中々外に出せないんです。

 

 

ひかるん

一人相手の相談は、感覚が手に取るように分かるので感謝されることが多いです。

逆に言い争いになった時などは、

相手の怒りのような感覚が、シャワーのように直接刺さってきます。

心というよりも全身がボロボロ状態。。。

 

 

自分に対して一人の相手ならまだなんとか。。。

 

これが複数だったり、大勢の時もあるんです。

 

色んな人の発してる感情(プラスもマイナスも)は、現実でもオンラインからも感じてしまってるんじゃない?

 

 

下痢しがちな人もひょっとしたら他人の感情に影響されやすいのかも

 

ぼくは冷えからよりも神経的によく下痢になります。

過敏性大腸症候群 とか 潰瘍性大腸炎 も疑ってみていいのかもしれません。

>> 一般的な過敏性大腸について

 

心が敏感な人にはありがちな下痢も止まらず、ビオフェルミンは気休めにもならずパターン。

 

周りにいる人から感じる感情が、自分の身体に現れる下痢症状?

 

 

ごった返す行列やショッピングセンター、全体集会が無理ゲー

 

人が大勢集まる場所は、休日のショッピングセンターやテーマパーク・学校や職場で全員が集まるような集会です。

周りにいる人がたくさんいればいるほど、たくさんの感情が生まれては消えます。

 

・行列が長くてイライラしてる雰囲気。

・前で話すおっさんの長い話に早く終われやってイライラ。

・子供がグダってて、怒ってるママさん。

・満員電車で少しでも自分が楽になろうと牽制しあってる人達。

 

状況が目に見えて不快なので誰でも感じる感覚と思われがち。

周りにいる人の感情が、いっぺんに自分の中に入ってくる感覚って分かりますか?

 

 

心の敏感さが普通な人には、こんな風に説明すると伝わるかもしれません。

目を閉じてみて周りの状況が見えなくしてみると、きっと分かる感覚じゃないでしょうか?

 

 

誰がいて、

どんな会話をしていて、

どのくらいの年齢の人達がいて、

周りに何人いて、

近くの人口密度が小さいのか大きいのか。

 

 

見えないとわからない時は、なんとなく感じる事しか出来ません。

雰囲気とかなにか近くにあるような感覚。

ここからいきなり自分がふっとイヤな感情を感じる事ってありませんか?

 

 

ひかるん
これで伝わる気がしているんですが・・・、ダメかな^^;

 

 

 

周りの人がこう感じてるんじゃないか?

ではなくて、

感じている不快感が刺さってきたり、頭にスッと飛び込んでくる。

 

 

超能力者とか霊感とかじゃないんです。

スプーンも曲げれません。

 

自分の意志ではブロック出来なくてフラフラになるので、人がたくさん集まる場所には出来るだけ行かないで自分を守っています。

 

 

オンラインビデオ通話で気がついた身体の異変

 

はじめに書きましたが、ビデオ通話をよく利用しています。

1対1で話すスカイプのビデオ通話から、今は数人~数十人が同時通話出来るZOOM(ズーム)が主流になっています。

 

このZOOM通話の最中に起こった出来事。

ある日、話しはじめて10分位で頭が痛くなってきました。

この日は30分で退席。その後の自分にはなんともなかったんですが、長時間のZOOMに入った時に耐えられなくなって、翌日頭に重い感覚が残っていました。

 

眼科や内科で見てもらったけど、老眼とかもなく。

その後もチャットで長く話しても大丈夫。

でも、ZOOMだけダメ。

 

なんでやねんです。

 

 

リアルな集まりでは大人数でも平気なのに

party-maker

 

大人数のZOOMで体調が変になった後に、ブログ友達主催のパーティに参加しました。

 

 

大阪駅に向かう電車が結構混んでいて、車内で色々感じてちょいグッタリ。

 

しかし、リラックス出来るメンバーだったのもあるのかな?

めちゃくちゃ楽しくて、おかしな体調にならず思い切り発散できて、頭に重くなっていた事をスッカリ忘れるくらい。

 

リアルな場所でも、置かれた環境でこんなにも違うからなるべく人混みは避けてます。

 

LINEグループも苦手。グループチャットは入らない。

 

SNSやリアルでも何故か作りたがる人がいるLINEグループ。

 

苦手って人が少なからずいるでしょう。

 

ぼくは、会話に上手く入られないのと、文字に込めれれてる意図や想いを考えてしまうんです。

 

「普通の会話に見えて、攻撃してるな~。」とか、「こっちはそんなつもりで書いてないのに誤解されてる。」とか。

 

嫌な気持ちが残るので、出来るだけ避けるようにしています。

 

誘ってくれた人が嫌いとかじゃなくて、

グループ内に嫌いな人がいるとかじゃなくて、

自分の向き不向きなので、なるべく角が立たないようなお断りの言葉を探しながらですが。

 

顔を見て、声を聞いて、その表情や声の感じで伝わるものってありますよね。

 

 

変な人とか霊感とか、超能力とかと違いますから

 

念のために。。。

スピリチュアルとか否定しなくて、そんな才能がある人間ではないんです。

ヒーラーさんとか見えない世界が見える人は、もっとキツい想いをしてるかなって。

 

念力で他人の心がスケスケで見えるのでもなく。

自分が人の心を覗いてやれって覗けるんでもなく。

その人が発した感情のその瞬間だけで、理由までは感じ取れない。

 

 

知らんオッサンが近くにいて、

こっちが話の前後関係がわからないのに、いきなり今の怒りをぶつけられて去っていかれるようなもの。

こういうって言えば、イメージしやすいのかな?

 

 

 

ちょっと違うけど、ま、いいか。

 

 

なんだかまとまりない文章になりましたが、感覚の話なので他のHSPの話を聞いてみてぼくも共有してみたいと思っています。

 

お話が出来たらいいなと思ってLINE@を作ってみました。

下の「LINE友だち追加」から登録してみてくださいね。

友だち追加

 

 

 

さいごにHSP記事について思うこと

 

「NAVERまとめ」や「ヘルスケア大学」などで書いてほしくない理由

 

GoogleやYahoo!で何かを調べている時にまとめてあるサイトによく出会います。

「要点がたくさんまとまっていて便利だな~」って思う人や「それでなんとなく判った」という人が多いかもしれません。

 

危険な事って感じるので、人の深い悩みに関わることって書いてほしくないです。

 

 

「HSP(敏感で繊細な気質の人)」の事を知らない人が、チラッと見てすべて知ったと思われるのが残念。

 

 

誤解がひとり歩きしてそれが世間の一般的な認識になってしまうと、「苦しんで悩んでいる当事者がますます自分が追い込まれる」という悪循環になります。

>> HSPって分かってから、自分が感じる好き嫌い

 

 

万人に知って欲しい訳ではない。

身近な人な人だけに分かってもらえたら十分。

うつや躁うつ持ちのぼくですが、病気の事も万人に理解されないでいいって考えています。

 

必要以上に気を遣われたくないもんね^^;

 

ひかるでした☆彡

 

 

シェアありがとうございます

 

 

メールマガジンはじめました。

当ブログのLINE@では伝えきれなかった情報を

新たに2月からメールマガジンで配信します。

 

◆ LINE@のメンバーさん

◆ 最近、このブログを知ってくださったあなた

 

現在、登録を大募集中!

下のバナーをクリックしてくださいね。