「メンタルてんきよほー」は”hikaru3.Labo”へリニューアル。

うつで長時間働けなくなって、みつけた病気でも働ける・出来る仕事。

病気療養からのリワーク
スポンサーリンク

こんにちは!HSPライターひかるんです( @hikaru3blog)

世の中のサラリーマンに副業が解禁されて

・せどり

・投資

・アフィリエイト

・こっそりバイト

 

健康な人が仕事の合間で稼いでいる一方で、余力ない病気がちな人では出来ないイメージになっています。

 

・病気でも働ける仕事を探している。
・うつや双極性障害で体調が安定しないけど、働いて収入を得たい。
・長時間働けないので仕事が続かない、悩んでいる。
・在宅ワークで働きたい。

 

上に書いた思いを持ったのは

うつ病で仕事が出来ない自分へ自信喪失したから?

主婦になってから、自分らしさを実感できないから?

 

女性こそがうつ病になってからもまた働ける自分に自信を持ちたい思いを強く持ちます。

また、自分の力で得た安定した収入があると気持ちにゆとり持てます

 

とは言え

バリバリ長時間働くことは出来ないから、長く細く働くのがベストと思っています。

さっそく、具体的に順番にお話していきます。

 

 

スポンサーリンク

うつ病で在宅ワークをする目的をハッキリと

 

長時間働けない人が出来る仕事は必ずある。

 

働く目的ってなんでしょうか?

「安心して長く生活していく」ためで、仕事することが人生の目的なんかじゃない。

会社勤めが長いと、一ヶ所からの収入がなくなる事が不安に感じるはず。

 

お金の入り口を分散する!

 

考えられるのは副業的仕事で次の4つのうち、出来ることから3つ

 

1.在宅ワークなどの自宅仕事。

2.バイトで短時間、短期の仕事。

3.障害年金を受け取る。

4.ブログアフィリエイト。

 

それぞれ3万ずつ稼げたとしても意外にも10万円が入ってくるハードルは低いんです。

 

外で働けない人が、また一つの会社で長時間働きつづけると、考えるとどうしても絶望的になります。

 

 

 

病気でも出来る仕事を詳しく紹介

 

在宅ワークを積極的にススメます

 

理由でもあり、この記事で言いたいこと。

 

Webデザインのスキルは本当に身につけてから、人生が変わりました。
だからこそ、同じように悩む人に全力でオススメしています。

 

 

現在の生活にプラスで働く時間と体力を考えた時、ダブルワークはかなりしんどくて両方の仕事の休みなどを調整しても今以上にハードな毎日になります。

 

これでは本末転倒。

スキマ時間を使って稼ぐようになることで、生活の一部に在宅ワークを組み込んだほうがハードルは低く感じませんか?

 

1.在宅ワークなどの自宅仕事

専業主婦や副業サラリーマンに人気なのが、パソコンさえあれば出来る仕事。

もちろん、会社勤めに向かない私たちにも初期投資があまりなく始められるので1番おすすめしたい。

 

たくさんものを作る内職的なものは精神的負担が大で、低賃金労働。

同じ在宅ワークでも副業的仕事のうち、自分で出来そうなことから始めるといいですね。

 

専門的な知識や技術がなくても在宅仕事は出来ます。

 

2.アルバイトで短時間、短期の仕事

 

外で働くことは、即金で確実に収入源になります。

 

コールセンターはオススメ出来ません。半日だけアルバイトに週3~4日働いてましたが、精神的にキツかった。お金だけに必死になってくると、もっと稼ごうとして無理しがち。

結果、病気の再発などで通院するハメになり大きなお金が出ていく最悪パターンが多いです。

 

派遣はオススメしません!

 

現在、派遣社員も人不足で派遣会社が必死で人を集めています。

 

病気がちな私たちにウェルカムではないんです。

 

体調や人間関係が合わなくて、仕事が出来なくなると契約違反になってしまう。そうなると、次に仕事探しする時に不利に。通勤費込みの時給はアルバイトするほうがいい場合も多いと気が付きました。

 

3:障害年金を受け取る

参考程度に聞いてほしい話。

生活保護と同じと言う誤解。

 

障害年金は一定以上年金を納めた人が働けなくなったために支給される年金

 

一番最低の支給額でも年間約60万(1ヶ月あたり約5万)が国から支給されますが、最低額なので支給額が上がれば、他は少し無理しなくていい。

もちろん、年金なので大きな額は期待できないですが、少額でも安定してあるのとないのでは気持ちが違います。少しボリュームあるお話なので、別記事でお話しました。

 

 

4.アフィリエイト

ベイス

 

すぐ稼げません!10,000円稼ぐまでには8ヶ月かかったので、最低一年は家族の扶養などで急に収入を増やさなくても大丈夫な人にしかオススメ出来ません。

 

しかし、

ネット上に自動販売機を置く感覚になるので、最悪、再発して動けなくなっても毎月口座に入金されるんです。

 

この仕組みを作ってからは、追い込まれた感なく生活が出来るようになっています。

 

●本当に大きなリスクや出費がない。

●もし、失敗してもマイナスにはならない。

●自分のペースで決められた事をやっていくだけ。

 

 

うつで働けない人が在宅ワークなら向いている仕事がある

在宅ワークもかなり浸透してきて、なかでもクラウドソーシングは、仕事を依頼する人の目が肥えて来てまったくの素人では中々稼げなくなっています。

主婦に人気のライターの仕事だけでなく、イラストやデザイン・カメラマンや簿記知識の必要な事務なども家庭で出来ますが、まずは、タスク式っていう仕事をコツコツこなすことから始める人がほとんど。

 

在宅ワークにもアフィリエイトにも、どちらにも有利なWebデザインのスキルは身につけておきたいです。

 

ぼくがWebデザインのスキルを身につけてから、1つの仕事だけで3万の報酬を得られるようになりました。制作にかかったのはわずか3日間です。

また、このサイトもWebデザインのスキルで作っているんです。

 

とても難しいことをしていると思われますが、会社員生活でパソコンを使ったことがある人なら誰でも出来るんです。

イメージでは難しく感じていましたが、パソコンで事務も感覚的にやってましたよね?

あの延長です(^^)

 

 

Webデザインを身につけるので気になること

どうしても気になるのがスキルを身につけるまでの費用と時間。どんな人が学んでいるか。

順番に説明しましょう。

 

約半年かけてWebデザインを学びましたが、現在は半分の3ヶ月でオリジナルのホームページや作品を作って卒業出来るコースがあります。

 

費用の目安は?

通学コースとネットで完結するコースがありますが、どちらも相場は10万~50万と幅があります。

高額なのは受講期間が約一年と、ほぼ専門学校のようになっているせいですね。

 

主婦向けに特化したものですと、もっとリーズナブル。月々のスマホ代より安い教室もあるんです。

 

受講期間はどれくらい?

 

在宅ワークで必要なスキルなら、1ヶ月~半年あれば十分身につきます。

スキマ時間を使って身につけることが出来るものもありますが、受講期間が短すぎると忘れるのも早くなるので、最低3ヶ月くらいは勉強するほうがいいです。

 

どんな人が学んでいるか?

「病気休暇中・育休中にスキルを身に付けたい方」や、「Webデザイナーとして在宅ワークを目指す方」といった、 仕事も家庭も両立したい主婦・ママさんを中心に比較的時間が取りにくい方ほどWebデザインを学んでいます。

 

ぼくが学んだ時も半分は主婦。

 

あとは、事務や経理担当の方、 美容室さんやフィットネス教室の先生など、様々な方と一緒でした。

 

Webデザインを週一・2時間から学べます

ぼくがいま一番オススメしているのが、主婦・ママ限定のWebデザインコース【WebCamp】 の無料相談。

 

いきなり無料体験レッスンではなくて、気になる費用やスクールのことなどを無料で相談に乗ってもらえるんです。

 

もちろんデメリットもあります。

・30分~1時間程度の時間が取られること。

・渋谷区のスクールでの相談になること。

があるものの。

 

オススメする理由は、メリットのほうが多いから。

無料相談では

  • 学習システムの説明
  • 詳しいカリキュラムの説明
  • 講師やサポートの紹介
  • 講義会場の紹介

など、突っ込んだ話も聞けます。

 

しかも

・説明会に満足を得られなかったら「アマゾンギフト券1,000円分」をプレゼント。

・スクールに満足出来ないから場合「全額返金保証付き」

 

「全額返金保証付き」のサービスは、信頼と安心感があります。

 

すぐに無料相談してみよう

 

 

 

まとめ

 

今回のお話は、長く細く働く方法でベストと思うことでした。

 

実際に収入を得ている方法を説明して、3つ程度に収入を分散するといいと思っています。

 

1.在宅ワークなどの自宅仕事。

2.バイトで短時間、短期の仕事。

3.障害年金を受け取る。

4.ブログアフィリエイト。

 

Webデザインのスキルは本当に身につけてから、人生が変わりました。

だからこそ、同じように悩む人に全力でオススメしています。

 

目的は、長く生活していくため。

仕事が目的なんかじゃないですよ。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ひかるん

当サイト「hikaru3.Labo(ひかるんラボ)」管理人
45歳で軽度ADHDと分かり、現在リハビリ中。

ミラーレス片手に自然や大地に近づいて、様々な問題が解消。
Perfumeと仮面ライダー電王で「未来に希望を持つ」

詳しいプロフィールはこちらで~す

ひかるんをフォローする
病気療養からのリワーク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
hikaru3.labo

コメント メールアドレスは公開されることはありません。*印はが付いている欄は必須項目です。