躁うつ病人が仕事へ復帰。悩み解決のキーワードは2年計画!

e20161203

ABOUTこの記事をかいた人

双極性障害2型で現在治療中。3年前に再々発してからは働けなくなりました。そんなぼくがブログを書きはじめて、確実に変化しました。今は、ブログで少し稼いだり、障害年金で生活しています。障害手帳2級です。 HSP(繊細で敏感な人)という性質も持っています。 Perfumeの大ファン。キレッキレのダンスをLIVEで見るために頑張ってます(^^♪  詳しいプロフィールはこちらで~す

スポンサーリンク


みなさんこんにちは~!

双極性ブロガーひかる(@hikaru3blog)です。

 

復職して、約2ヶ月。そろそろ慣れてきた頃です。

でも、心のなかではこんなふうに思っていませんか?

 

・リバビリ勤務でも、本音はキツい。

・あんなに普通に出来ていた事が2ヶ月経っても戻らない。

元の自分に戻りたい。やれるはず。

 

ぼくもそう思って、ずいぶん悩みました。

この記事では、大失敗例を書いています。

⇒ うつ病休職から正社員で再発。失敗しない転職方法はこれだ!

 

今回は、失敗したお話ではありません。

2度復職した経験から、あなたにあった答えが見つかるヒントになればと思います。

まず、結論からお話しますね。

 

2年先に活躍を取り戻せます

病気でお休みしていた期間だけではなく、病気になって行った過程があります。

その間に自分の持つ仕事力は、落ちていました。

悲観的にならなくていいんですよ。

 

この2年はこんな流れの計画を提案します

ぼくが実際にやったことです。

あなた流にアレンジするたたき台になれば幸いです。

・~半年・・・体力を8割まで持っていく。仕事に行って帰ったでOK。

・半年~1年・・仕事で出来るものを時間かけてやる。出来ないことは、断る。

・1~2年・・・若い人たちと積極的に話して、仲間を作る。【ここ重要】

 

まったく運動してないでしょ???腹筋が3回出来るかな?

これを毎日、少しずつ回数を増やせば、元気な時と同じ回数こなせるじゃないですか。

ただ、半年や1年はかかりますね。

 

運動と同じことなんで、仕事はもっと時間がかかるんですよ

 

なぜか?

・体力と集中力が元の自分に戻るのに1年はかかること

・そこが戻ってから、本来のあなたの能力がスタートライン

 

少しがっかりしましたよね。

スタートラインが1年先って。

 

ソフトバンクホークスの松坂投手の今

彼の活躍は、あなたもよく知っていて、去年に全くマウンドへ上がれなかったのも知っていますね。

いま、彼は、かなり低いレベルのところで再スタートを切っています。

投手の生命線の肘を手術して、長期間本来のパフォーマンスが発揮出来ないでいます。

 

あなたは、彼のように目に見えるケガではないから、自分でもどこまで回復したのか???

少しつかみきれないですよね。

 

躁うつの人は、今よりも先を見てしまいます。

正確に言うと、先が見通せるんです。だから、あなたは元気な時にたくさん先手を打ってきた。

リスクも見通せたから、みんなが気づかないうちにリスク回避させていた。

めちゃくちゃファインプレーしていたんです!

 

その自分と今の自分の落差に悲観的になっている。

見通す力も後ろ向きな方向になってしまってます。

自分が一番信じられない事に、とても心を痛め悩んでいる。

 

この1年は、チャンスですよ!

何がチャンス!?

 

あなたの持っている固定観念を変えるチャンスなんです!

 

病気前のあなたが築いてきたものは、決してなくなってないんです。

ここは、自信を持ってください。

勤務軽減されていて、仕事の負担が減っていると置いて行かれた気分になります。

半年は、まだまだ体調が安定しないので無理は禁物です。

でも、安定しますので、そこからは、先見の明を持つあなたの新しい仕事の価値観を作る時間にあてれます。

 

ピンとこないですか?

 

若い人たちの仕事観がこれからの主流になるでしょ?

アラフォーの僕達は、遅れて取り残されてる。

それに気づいてないのに、こだわってる人が多いでしょ?

 

あなたが2年計画で変われば、先に辞めていく人達よりも

これから活躍する人を仕事する上での、ベクトルが近くなります!

 

わかりますよね?

これから、廃れる価値観ではなく

新しい価値観で あなたはまた活躍出来るんです。

ウソじゃないですよ。

 

ゆとり世代が使えない人達ではない

ゆとり世代は、ダメで使い物にならないって思ってますか?

彼らのいいところを見つけきれてないのは、僕達の方ってこの2年計画で、気づいてほしいです。

 

たしかに、今まで求められてきたスキルでは弱いかも知れません。

でも、それはもう機能しなくなってきています。

機能しなくなっていく価値観では、ダメに思われますが ポテンシャル高い人が多いんです。

PCなくても、スマホで大抵のことが出来ます。僕たちは、ついていけてないんです。

 

彼らが持っているスキルや考え方は、次でお話するライフワークバランスを重視しています。

躁うつ病人のこれからの働き方や生き方について、教わることが多いんです。

 

 

ライフワークバランスの時代

日本では、よっぽど働かせたいみたいで「ワークライフバランス」って言われます。

間違えてます。ライフが先(*^^*)

 

いろんな不確定な話が気になると思います。

でも、健康が一番大事って、つくづく思いましたね。

もう、仕事の犠牲になれない身体なので、無理せずどう長く働けるのか?

あなたやぼくの課題です。

 

ぼくは、会社にしばられない働き方を選びました。

あなたは、会社でもう一度活躍する事を選びました。

 

正解はないんです。これから、自分で証明していくんですもん。

 

今回は、ぼんやりした話にしました。

自分で考えてほしいからです。

そのヒントは、散りばめました。

 

無理せずあせらず。がんばらず!

 

ひかるでした★

 



e20161203

シェアありがとうございます