うつ病生還者ですが、ブログを書く習慣で寛解状態になった話を聞いてみたいですか?

うつ病から生還した話

はじめに。

 

「ブログで人生を変える!」

今、ネット界隈でよく見かけるセリフですが、

主に「会社に縛られない生活」や「フリーランスで成功する」

この2つが目標達成のようです。

 

ぼくもそれを目指したひとりでした。

 

でも、ぼくはもっと貴重な経験があります。

 

「うつ病からの生還者」

 

特に、HSPはその気質からうつ病になる人も少なくありません。気持ちを内に向けがちで、自分の発言や人からのささいな一言がずっと気になります。

 

ブログでうつ病から生還したぼくの経験が、今、HSPでうつ病に苦しむ人になにかのヒントになればいいなと思い、駆け足ですがまとめてみました。

 

ホントに回復と安定してる習慣 ” ブログを書く ” の話をします。

 

 

HSPブログの前にアメブロをやっていました。

15032916_TP_V

 

AmebaのSimplogってところで、その時の気持ちを好き勝手に書いて公開していました。

(現在は廃止されています)

 

趣味や気になる事を書いてたら、短期間でたくさんのフォロワーさんがついて、仲良くなりました。

ブログのコメント欄でしか話が出来なかったけど、結構メンタル患者の多い事に気づいて、途中で自分も双極性障害2型をカミングアウト

 

同じ悩みを持つ仲間が出来たことで、話せる人がいる安心感とともに、とにかく楽しかった。

 

ところが、あるトラブルに巻き込まれてしまって激堕ち。怖くなってamebaアカウントごと抹消。

 

しばらくは、不特定多数の人へ本音を吐き出すのが怖くなることに。

 

人に想いをなかなか言えない人だからこそ、発信してほしい理由。

 

hand-895592_640

 

「コメントをしたのに返してもらってない」というトラブルに遭いました。

 

巻き込まれたトラブルは、ぼくにとってはささいなことで「ブログにコメントをしたのに返してもらってない問題」でした。

 

 

SNSでよくありますが、本人がコメントしたら必ず返事がないと許せない人

比較的こまめにコメントするタイプですが、気づかないこともありますよ。

細かいことは覚えてないですが、鬼のような攻撃でうんざり。

 

リアルな人間関係でも、自分に注目がないと不機嫌になる人っていますよね。

耳で聞く言葉なら比較的スルーしやすいのですが、目で見る文字はズシンと重く心にのしかかってきて、中々自分の頭から離れません。

 

でも、その時に感じた気持ちが自分の未来を変えるヒントになると気が付きました。

 

少していねいにお話します。

 

 

激しい気持ちの揺れを感じた時こそ、本当の自分の気持ちが分かる。

 

少しご自身の過去の記憶を遡ってほしいんですが、そうですね10年前の記憶。

楽しかったことや嫌な思いをしたことなどなど、どんなことでも構いません。

1分間ほど時間を取ってみて、紙に思いつくだけ書き出しましょう。

 

 

楽しかったことや嬉しかったこと。

反対に

辛かったことや悲しかったこと。

 

どちらの記憶をたくさん思い出せましたか?

 

 

脳科学的に「辛かったことや悲しかったこと」が強く、そして鮮やかな記憶として残ります。

今、たくさん書き出したものがネガティブな記憶が多いのは、あなたが後ろ向きだからではない。

むしろ、きちんと脳が機能しているんです。

 

ここから言えるのは、2つ。

 

ひとつは、楽しい記憶は記録に残さないと頭の中から消えてしまう事。

もう一つは、辛い記憶にとらわれてしまうのは脳のせいである事。

 

ブログを書いて記録することで、自分で自分のカウンセリングを行えました。

 

 

 

さきほどお話しした2つのことをこれからの自分がよく生きていくのに、役に立てたいものです。

 

そこで、ぼくは毎日1つ発信する事(要、体調と相談)を自己ノルマにしました。

 

この記事 や 例の記事 なんかは、今読み返しても恥ずかしいですが大事な記録なので残しています。

 

毎日書いていくと文章力もアップしますが、それ以上に「自分が何が苦手に感じいて、何を必要としているか」が手に取るように分かってきます。

 

結果的に自分で自分をカウンセリング、自分が一番の相談相手になることでいい方向へ進みます。

 

 

本当は悩みを他人に気軽に話せるならば、今感じる生活へのしんどさがなくなるように思います。

しかし、自分は他人に相談できるタイプじゃないのはよく分かってますもんね。

 

では、

自分が自分に相談をしてみるのはどうでしょう。

 

実は、長くうつ状態でどんよりしてましたが、ブログで気持ちを外に出し始めてから明らかに変化しています。

 

書くことを習慣にするまでが大変でしたが、今は書かないと気持ち悪くなっています。

 

自分でケアするブログは無料のアメブロから始めるのが一番いい。

 

ぼくは、ワードプレスで二年弱ブログを書き続けていますが、あなたにはアメブロで十分と思うんです。

なぜなら、仲間の存在ってとても大切で、仲間が出来やすいのがアメブロ

 

仲間がいることでひとりじゃない安心感や読んでもらえる楽しみ・自信がわいてきます。

 

この安心感や自信が今ある不安定さを消していきます。

ぼくがほぼ寛解で、自信が戻ってきたのは、

「気持ちを吐き出しても受け止めてもらえる仲間の存在です。」

 

 

たしかに一度、アクシデントがあったけど、回復に時間がかからなかった。

 

 

まとめ

無料のアメブロではてなブログでもいいのでとにかく始めてみませんか?

内容は、自分が書きやすい趣味の話でもいいし、自分の今のキモチでもいい。

書くのが苦手な人は、写真を撮ってアップするインスタグラムもいいですね。

 

なんでも吐き出してみましょうよ。

 

僕でさえ変われたんです。あなたも変われます。

 

気持ちが開放的になりやすい夏が来ます。

1ヵ月、2ヶ月先のあなたが良い方向へ変わるためにちょっと一歩。エイって。

 

おすすめの関連記事はこちらです

 

うつ患者が寛解する癒し、幸せホルモンの「オキシトシン」について

うつ状態で自分が嫌いだった。ブログで不安が自信に変わったよ。

「笑い」でうつ状態が治った実話

 

耳より情報

ブログ記事でお話出来ない情報は、メルマガで発信しています。

例えば・・・

・HSP当事者が感じる生の声。

・HSCを持つ親が知りたい事。

・HSPと発達障害について。

その他、トピックス的情報など。

下のボタンをクリック

うつ病から生還した話

シェアありがとうございます

記事に関するご質問は、下のバナーからお問い合わせいただけます。

クリックすると、フォームが表示されるので気軽にご質問お願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

HSPと知って、自分の感じてきた生きづらさを解放する方法を模索中。1日平均2,000UUのメディア運営の三年目。 ブログへ気持ちを書き出す事で双極性障害2型を克服しつつある。現在、家族関係のPTSDを治療中。スナップカメラマン。電王ファン。Perfume愛。 【詳しいプロフィールはこちらで~す