よくある質問コーナーにリンク

双極性障害がほぼ3回目の寛解・普通の生活を取り戻すということ。

ABOUTこの記事をかいた人

月間約10万アクセスのブログの運営者。HSP(繊細で敏感な人)であることがわかってから、自分のあり方を模索中。 双極性障害2型・PTSDを現在治療中。ブログを書きはじめて、回復しています。 【詳しいプロフィールはこちらで~す

ども! ひかる(@hikaru3blog)です。

ちょうど一年前に書いた記事ですが、当時と状況が変わっています。

昨年のゴールデンウィークは、身体が鉛のように重くなり・発熱で何日か寝込んでました。

うつ病でダウンしているあなたも同じですよね。

実は、こんな体調になったのが数年ぶりでしたが、ほぼ寛解状態になっている今年の元気さと比較してみて色々思うことがありました。

 

 

ゴールデンウィーク中の旅先でふと思い出したこと

 

1番思い出したことは、先が見えなくてずっと体調が悪化していた頃のこと。

 

当時はエレベーターのない4階に住んでいたので、外出すると階段の昇り降りがあり得ないくらい重労働。。。

 

窓越しに前の公園で遊ぶ子供やママさん達を見て、

 

「少し前まではあれくらい元気。なのに、この先どこまで状態が悪くなるんやろ?」

 

何を見てもため息をつくか、泣いていた事が鮮明に蘇ってきました。

 

 

2009年くらいの話なので約10年前、すっかり忘れていた感覚や感情。

 

 

 

 

 

 

ところがどっこい、

そこにドップリ浸かってノスタルジックに落ち込む事がなかったんです!

 

 

うつや双極の経験があるって幸せなんじゃないか?

 

病気になっている事は、本当に悔しいしツラいです。

また、なにかの障害を持つことの想いは言葉に出来ない。

 

そして、病んでいる時間が惜しい!

 

10年あったら、かなりのことが出来ますもんね。

でも、そう思わなかったんです。

きっと、何も病気のないままで過ごしてきたら、うつ病や双極性障害って病気のことすら知らないままだった。

 

辛いことが多かったけど、その分「自分がどうしていけばいいか?」っていっぱい考えたし、

一方で壁に囲まれ行き止まりのようで泣くしかない事もありました。

 

なにより、

精神疾患の当事者しか分からない事の経験は、同じ病気で苦しむ人の気持ちが自分事で分かります。

また、寛解経験からも良くなっていく時の感覚を感じます。

 

 

普通の生活が出来るようになって、どう生きていきたいかな?

 

いまは、少し気が早すぎなのかもしれません。

「後悔しない生き方がしたい。」

その中で、

仕事の事や1人の人間としてどう行きていくのか?

うーん、自由度が高まったせいで目移りしてしまいます。

 

やりたいことも知りたいこともまだまだたくさんあり、

美味しいものも食べたいし、行ったことない場所にも行きたい。

 

少し元気になったから言えることに感じるかもしれません。

しかし、以前も「絶対に病気を治して普通の生活に戻ってやる!」って諦めなかった。

過去に2度そうでした。

 

なので、前回の寛解状態からの3年間も同じく諦めなかったです。

 

僕の場合ですが環境を変えて、付き合う人を変えると寛解

 

病院であったり、主治医であったり。。。自分の環境に病気の治らない原因があると感じています。

 

 

もっと、自分のことを知って心も身体も良くしたい。

 

2度も寛解したのに、再発しています。

かなりの残念さんですよね。

 

会社勤めにこだわって、心よりも収入のために自分で自分をなだめて説得して、嫌々行っていた。

もちろん、そこでの嫌な人間にも無理やり合わせてきた。

 

「どう生きたいんかな?そんな生き方はもうやめよう。」

 

心を優先させる生きかたをしたい!

 

もちろん、お金がないと生活が出来ないのでどうするかな~。

 

自宅で稼げるけど、今やってる事は本当にしたいことじゃない気がする。

 

色々、浮かんでは消えを繰り返しました。

初めてうつで療養中にも同じことをしてたかも?

 

 

相談相手が必要って思っているけど、相手は選びたい。

 

 

同じように悩んでいる仲間と話すこともとても大切。

 

それとは別に、「メンターと言われるような人が欲しい。」って気づきました。

 

大げさな言い方をすると、もっと高いレベルに自分を成長させたい。

 

 

動ける体と心を作りながら考えてもいいと思う。

 

 

さて、

今は復調しましたが、また、体調が崩れやすい梅雨も間もなく。

この時期には、腰を据えて何かをやるって中途半端に終わるんです。

 

これから先、自分を成長させます。

それには、時間がかかっても後戻りしないように確実に良くなること!

 

 

▶ 薬に頼るのは急性期だけでいいんじゃないか?

▶ 食事や運動で前は寛解したので、今回も生活を見直す。

▶ 前よりも自分の考えの偏りや歪みを客観的に治せる。

 

ひとつひとつは小さなことでも、確実に良くなることを積み重ねたい。

寛解と再発を繰り返すと再発率が高いので、ホントにもう再発しないようにするには「健康第一」

 

 

このひとり言をここまで読んでくださった方へ

 

 

「止まない雨はない」って、

うつ病には当てはまらなくて、

「その雨が漏れているのをどうにかしてくれ!」

そう思うじゃないですか?

 

どうにかするには、まず医師と薬を信じていいのか?

自分なりに調べて、納得できないなら遠慮してはダメ!

徹底的に医師に聞きましょう。

 

筋肉をつけて、冷えないからだ作りもいいようです。

 

自分に合う医師を時間がかかっても探して見つけましょうね。

 

 

おすすめの関連記事はこちら。

 

うつになってから友達が離れていって、どうしていいか分からない人へ。

うつ状態になると見えてくる3つの事。

絶望的になったとき、ぼくが考えること”誰にも幸福と不幸は同じだけ”

 



スポンサーリンク

シェアありがとうございます

HSPメールマガジンを読んでみませんか?


ブログでは伝えきれない情報

メールマガジンで配信しています。

 

◆ LINE@のメンバーさん。

◆ 最近、このブログを知ってくださったあなた。

 

現在、登録を大募集中!

メルマガ登録フォームはこちら