「メンタルてんきよほー」は”hikaru3.Labo”へリニューアル。

単焦点レンズでマニュアルフォーカスの撮影練習してみた

コラム
スポンサーリンク

「マニュアルモードとマニュアルフォーカスは違う」って最近知りました。

 

普通に写真を撮る時、何も考えずにシャッターをパシャパシャ切っていい感じで撮れるので、あまりピントの事は考えず。

 

でも、たまに狙った人を上手く撮れたつもりで、PCに取り込んでみたら全然関係ない後ろのオッサンにピントが合ってて、撮りたい人がピンぼけという残念なことがしばしば。

 

思い通りにピントを合わすのに「マニュアル撮影」がいいってコミミに挟んでから、必死にダイヤルをMモードにしてたんです。

 

これは、「マニュアルフォーカス」に切り替えではなかったんです。絞りやシャッタースピードをマニュアルで設定するモード。うーん、勘違い。

 

スポンサーリンク

フォーカスリングってこういうことか

一眼レフの初期設定はオートフォーカスなので、これをマニュアルフォーカスに変えてみましたが、マニュアルフォーカスにしたのはいいけど、どこでフォーカスを調整するのか分からない。

この状態で半年経過してました・・・。つまりは、夏くらいから「どうしたらいいんや?」

レンズに付いてるくるくる回るやつ。これでフォーカスを合わすって偶然発見しました。


リングを回すとフォーカスが徐々に変化します。写真で見るとわかりやすいので、次で見せてみます。

フォーカスリングって言葉は知ってましたが、こういうことやったのね。

 

フォーカスが合ってない状態

 

 

フォーカスリングをゆっくり回してピントはバッチリ

 

 

マニュアルフォーカスで練習してみた



この日、最後に撮ったいい感じの写真

 

 

この日最後に気が付くんですが、

「フォーカスがマニュアル。でも、絞りやシャッタースピードはオートになってる。」

 

ボケ味が出にくい大きなF値のまま撮ったために、どんなに頑張っても思ったように写真がボケてくれなかった。自分で気がついただけエラい。

 

気が付くまでの過程をダイジェスト版でアップします。



青い棒にフォーカスして、背景をぼかしました。




こちらは背景のボケが薄く、思ったようにボケてない

自分が一番ボケてたんですが、「あらら。。。思ったような写真が撮れてない。」と真剣に悩みました。

 



真ん中のベンチにフォーカスを合わせて見る。




手前の青い棒へフォーカスを変えてみた。

 

うーん、薄っすらボケるものの期待しているボケは一枚目にような背景がわからんくらいのボケ。なんであかんのかな???

「F値が16くらいで撮ってたので、そりゃあボケないわ。」

 

自分で試行錯誤して気が付いたから、一生忘れない。

でも、オートフォーカスより楽しい

 

 

 

風が吹いてピントがズレた(T_T)

 


風がないとピントはバッチリ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ひかるん

当サイト「hikaru3.Labo(ひかるんラボ)」管理人
45歳で軽度ADHDと分かり、現在リハビリ中。

ミラーレス片手に自然や大地に近づいて、様々な問題が解消。
Perfumeと仮面ライダー電王で「未来に希望を持つ」

詳しいプロフィールはこちらで~す

ひかるんをフォローする
コラム
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
hikaru3.labo

コメント