メンタリストDaiGO「人を操る禁断の文章術」を読んで、商品が売れだした。

ABOUTこの記事をかいた人

月間約10万人に訪問されているこのブログの運営者。HSP(繊細で敏感な人)であることがわかってから、自分のあり方を模索中。 双極性障害2型/PTSDを現在治療中。ブログを書きはじめて、回復しています。ウェブデザインコース終了生。 【詳しいプロフィールはこちらで~す

スポンサーリンク





メンタリストのDaiGoさんって知ってます?

人の心を読むだけでなく、文章が上手くないぼくでも人の心を動かせる書き方を教えてくれています。

彼の著書で人を操る禁断の文章術を見つけたので紹介します

 

人を操る禁断の文章術

 

150415222377_TP_V

 

 

ぼくは探してました。

文章力に自信がないから、いい本がないかなあ。。。

ある有名なアフィリエイターさんがおすすめしていたのですが、

エラい大げさなタイトルやな~。でも、禁断って気になりますよね???

つい、引き寄せられるようにAmazonで買いました。

 

「あなたが思う、世界最高の美女とは誰ですか?」

 

1ページ目を開いて目に飛び込んできた文章です。

めっちゃ考えました。。。

 

「明るい人がいいよな~」

「おもろい人もいい」

「細すぎは嫌かな」

「世界一って、外国人あまり知らんな・・・」

 

はい!ここ!

すでに、操られていたんです・・・めちゃ単純でしょ。

あなたも「美女???」って想像しませんでしたか?

こういう風に相手に勝手に想像させる文章を書いてるんですよね~。

 

文章の持つ強い力を感じませんか?

ちなみに、新垣結衣さんが思い浮かびました。

 

僕もやっていたメンタリズム

gg070870 / Pixabay

 

知らずにやってたんですが、仕事でやり直しって嫌でしょ?

だから、初めから3つの案を出すんです。

本命以外は即興で作ったおまけ案。

 

人間って1つしかないと、粗探しします。

でも、選択肢があるとその中から一番いいのを選ぶんです。

ほぼ勝手にこっちが進めたいのを選んでくれるから楽チン♪

注)おまけ案を気に入られる場合もあります。

 

 

これ、商品を買わせる時も応用できたら、売れますよね~\(^o^)/

 

 

SEO対策は誰のモノ???

 

 

s_why

 

今、SEOを意識してブログを書いています。

  • 検索に引っかかりやすい言葉
  • 文章構成や言い回し
  • ペルソナの設定

 

しかし、その要素の先には読んでくださる人がいますよね。心が動かない・役に立たないブログって、ぼくならもう読まないです。

じゃあ、読んでほしいから伝わりたいから、文章ってどう書こうか悩んでいました。

 

ブログのサロンにいたんですが、そこでテクニックありきでないと教わっていました。

腹に落ちるまでの理解が出来ていなかったんですが、人を操る禁断の文章術を読んで話がつながったんです。

 

 

DaiGOさんの語る文章術とは?

 

人の心を無意識に誘導する文章術を想像したかも知れません。

いわゆるコールドリーディングですね。石井裕之さんやったかな?

昔、流行りましたね~。(数冊読んでもコールドもリーディングも出来なかったわ~。)

 

 

つい読んでしまう記ブログがありませんか?

  • 興味を持っている事
  • 悩んでいる事
  • 他の人はどうなんやろう
  • 自分しか知らない情報

 

こんなところですかね?

 

人がこう思う事。

それを想像して、知りたい情報を伝える。

これが質の良い記事になります。

 

 

DaiGOさんの文章術とSEO

 

seo

 

 

ブログだけでなくメルマガ、この記事タイトルも文章!

読まれなければないのと同じになります・・・悲しい。

DaiGoさんは、知っています。文章の持つ強い力を

 

メンタリストの彼が文章で使えば効果があるいう3ポイントを本の中から少し紹介します。

 

  1. 文章は書くな。
  2. 人の心を動かせ。
  3. 5つのテクニックに従ってかけ。

 

 

これだけの情報では、SEOとつながりがあるのと、半信半疑ですか?

ぼくに騙されてください!めちゃ3点と重なりまくりです!

DAIGO マジ、S・E・O!

しんじて・ええんよ・おれ

  • 上司や取引先とのメール
  • 友達や恋人、夜のお店のおねえさんとのLINE

 

こんなところにも応用出来るテクニックも目からウロコでしたよ

ぼくは自分の身につけたい!もう何周か読んでみます!

自身を持ってオススメする本です。

 

購入は下のリンクボタンへ

 

ひかるでした☆彡

 

↓ 次にオススメの記事 ↓

初めて副業する人の教科書『完全ひとりビジネスを始めるための本』

関連記事



スポンサーリンク

シェアありがとうございます