双極性障害2型の就職数5年間で3倍に上昇中、仕事はあるんやで!

2016107-eyecatch

ABOUTこの記事をかいた人

躁うつ病でも出来るブログやホームページの仕事やってます。障害手帳3級で自宅が職場です。 Perfumeの大ファン。キレッキレのダンスをLIVEで見るために頑張ってます(^^♪

スポンサーリンク




みなさんこんにちは~!双極性ブロガーひかる(@hikaru3blog)です。

 

自分が仕事に就ける事が気がかりで頭から離れない。

そんなストレスを抱えていませんか???

 

キチンとステップを踏めば仕事に就くことが出来ます。

この5年間で、精神障害者の雇用は3倍です。

この傾向は、2018年の雇用率ノルマの厳格化までは続くでしょう!

 

先に結論!

双極性を病気を自分がどうとらえるのか?

病気と捉えるか?個性の1つと捉えるか?

どちらが楽になるかを頭に置きながら、答えを見つけてくださいね

 

1.双極性障害の患者はどんな仕事についている?

 

ネットや本などでは比較的、事務職や人と接しない仕事を勧める事が多いです。

この情報は一旦頭から追い出してください。

先入観なく「自分がしたい仕事」「自分がやれる仕事」ここにフォーカスしてみましょう。

 

情報って、たまたま発進した人にとっては良かったよってだけですよ。

 

1)事務職や運輸、販売など昼間に働く仕事が多い

事務職や運輸、販売など昼間の仕事に就いている人が多いです。

求人数が多いのもありますが、次の理由で医師も昼間の仕事を勧めるんです。

 

  • 短時間労働から始められる
  • 生活リズムが一定にしやすい
  • 夜に働くストレスは、、昼間よりも強い

ぼくの失敗例から、うつ病休職から正社員で再発。失敗しない転職方法はこれだ!にまとめています。

2)夜に働く事を勧めない理由とは?

 

夜に神経を使うことは、うつや双極性病人など、精神疾患の患者にとって良くないからです。

睡眠障害もある患者は多いはずですね。

うつや不眠の原因であるセロトニン不足や交感神経の優位は悪化します。

眠りで脳の疲れが取れないので、夜に勤めていても長くは働けないです

 

2.自分の病状や躁鬱サイクルに合わせた働きかた

 

1)長く続けられる仕事探しを目標に

 

対人ストレスからはどうして逃げられない。

好調をキープしつづけるのは難しいです。

また、フルタイム勤務よりも短時間労働から始めた人が、上手く病気と付き合っています。

 

もちろん、個人差や職場の人間関係にも左右されます。

働くあなたが出来る事と出来ない事を伝えた方が周りも協力しやすいんです。

 

環境変化は心に大きな負担です。

社会復帰を焦った。躁うつ病の軽い躁期にありがちな失敗談にぼくの失敗と、そこから学んだ事をまとめています。

もし、職場が変わっても仕事に出て収入がある事が自信と安心になりますね。

 

2)会社にとらわれず独立する人も増えている

 

病気をきっかけに会社で働くことをやめ、起業している人が少なくありません。

勤めに出ていれば、毎月給与が入ってくる安定感はあります。

しかし、再発して再び長い休養が必要になる人も少なくない。

  • 会社で長時間拘束されて、好きな事よりも嫌な事をしてきた。
  • 使えん上司からの業務命令というパワハラ。
  • つまらん客の無茶なクレームに奴隷のように服従。

こんなんはもう嫌です。会社勤めから逃げてもいい

 

3.うつ、双極性障害人が仕事に就く注意点を3つ!

 

success

 

1)双極性障害って自分をどう受け入れるのか?

あなたがあなたの一番の理解者であり、分からない人物ですね。

自分が理解できないのに、他人があなたを理解できないですよ~(^^;

 

そこで提案したいのは

双極性障害やうつを “病気” ではなく “個性” と考える

 

 

そう思うと、今は重い気持ちも、病気の回復にあわせて変わる。

この実感はありましたよ。

病気だからこそ、いつかは治ると信じて、今の自分は今の個性と考えれば楽になれます。

 

フリーアナウンサーの丸岡いずみさんもうつ病でした。

 

“彼(夫:有村崑さん)の
「うつは乗り越えなくていい。うつ病はいずみの1つの個性なんだ」
その言葉でストーンと心の重さが取れました」”
 有村さんは、丸岡いずみさんを真剣に助けたい一心で、うつに関するあらゆる本を読んだそうです。

この言葉は、本当に丸岡さんの心を考えたものです。

メンタルな病気だから出来ないではなく

メンタルな個性が活かせるのは好きな事やる時!って

いい風に考えられるんです。

 

個性って他人が認めるのではなく、自分が認める事

 

2)治療や服薬、通院は続ける事。自己判断でやめてはいけない

 

薬は飲み始めよりもやめる時が大変です。

突然やめると離脱症状が起こります。

医師ですら、離脱症状には慎重になるのに、勝手に減薬するとホント後悔するほどキツイです。

 

また、働き始めて環境や知らない人と接するストレスって大きいんです。

 

3)自分のメンタルや体調の波をつかんでおく

 

療養中から体調や気分をメモや記録で残している人もいます。

医師と話す時だけではなくて、自分が躁やうつの波のリズムを知っておきたいです。

 

なぜなら、仕事量や仕事内容と自分のリズムが合わせやすい仕事に就けば、長く勤めやすくなりますね。

好きな事を始めた今、やっと安定してきました。

 

4.双極性障害は完治するのかという疑問

 

1)双極性障害もうつも完治というものはありません。

 

現代医学では原因も治療法も分かっていないのです。

 

そのため「完治」は使われず、その状態に近い「寛解」と言われます。

「悪い条件が揃うと再発の可能性がある」からです。

 

2)寛解して仕事している人に共通する考え方や行動

 

  1. 自分のやりたい事を見つけて、やりぬこうとする
  2. 自分に合う医師を見つけて適切な治療を受ける
  3. 理解者の存在
  4. 自分で波を分かっていて、スパッと無理な事は切り捨てる
  5. 休んだ分取り戻すなどと考えない
  6. 自分にゆるくなり、病気はコントロール出来ないと受け入れている

そんなに特別なことではなんです。

あなたは、無理していませんか?

5.双極性障害人が普通に仕事してるケースって?

 

1)双極性障害2型は、軽躁状態でも周りが気づかない

 

ぼくも仕事をしている時は、まったく周りに気づかれないままでした。

うつ状態を知っている人には「元気になったんやね!」って言われます。

 

医師でもうつ病と双極性障害2型は区別がつきにくいんです。

それに・・・親しい人以外にはわざわざ病気を明かす必要もないですね。

 

2)潜在的な患者の方も働いている

 

体調が悪いまま働いている人の中には、一定数いる双極性障害の疑いのある潜在的患者。

この潜在的患者数は、労働者の30%ともいわれています。

病院で診察を受けたことがないので、実際はもっと多いともいわれています。

 

だから、精神疾患の自覚がないままで不調を感じながら生活してるんです。

うつ期以外のあなたと変わらないんです。

 

会社であなたの辛さが分かる人が必ずいるって事ですよ。

誰も理解してくれない。。。そんな事ないんです。

でも、無理は禁物です。

 

双極性障害の仕事のまとめ

 

病気になるのはしかたない。だって、にんげんだもの。

 

自分の病気を個性ととらえれば、自信を持てて

やりたいにチャレンジも出来ます。

起業した人はもちろん夢もあると思います。

会社で夢持って仕事が出来るなら、わざわざリスクとって辞めませんよ

 

自分と向き合ってみて会社勤めや起業。

長くつづけられる自分に合ったものを見つけましょう。

 

ひかるでした☆

 

関連記事


2016107-eyecatch

気にいったら、ボタンで拡散してね

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    躁うつ病でも出来るブログやホームページの仕事やってます。障害手帳3級で自宅が職場です。 Perfumeの大ファン。キレッキレのダンスをLIVEで見るために頑張ってます(^^♪