「メンタルてんきよほー」は”hikaru3.Labo”へリニューアル。

うつ患者が寛解する癒しは、幸せホルモンのオキシトシンにあった。

ぼくのこと
スポンサーリンク

 

うつ病は薬での治療が主流ですが、対処療法で寛解(完治)を目指す治療は十分ではありません。

 

しかし、薬ばかりでなくて自分の持つ体の力で寛解やフラット状態で安定を続ける人もいます。

 

この記事でぼく自身がブログを使って寛解状態になった方法を書きましたが、

 

一方で治った人達を多く見て、気づいたこと。

 

治らない人の共通点は、1人で戦ったので諦めて希望を持っていない

治った人の共通点は、支えがいたから幸せを感じて諦めなかった

 

「ぼくのうつ病になった原因 ”コミュニケーションレス”」

「幸せホルモン ”オキシトシン”」

2つの話を通して、あなた自身になにかのヒントになればと思っています。

 

 

スポンサーリンク

うつ病寛解して幸せになっていく友人たちをうらやましく思っていた。

 

 

なぜ、精神疾患になっても治る人とそうでない人がいるのか?

 

この疑問がすべての出発点でした。

 

 

 

うつ病になってからは誰も助けてくれない。

でも、数名の女友達には次々と助けてくれる人が現れて、劇的に回復。

みんながうつ病を卒業して、幸せで健康になっていくのを見送っていました。

 

 

置いていかれた感やとてもさみしくて、悔しくて。

当時を思い出すと、いまでも少しだけ複雑な気持ちです。

 

 

[box class=”blue_box”]

男女関係なく家族や恋人に支えられて幸せな人間が、確実にうつ病が治ってます。

「愛情を感じられるかそうでないか。」

この点は、天と地の差を感じてきました。

[/box]

 

 

精神病院に入退院を繰り返していた女性の中には、結婚・出産して幸せな生活をしている人も少なくありません。

 

ニャンボー

ぼくは支えがいなくても独力で寛解へ持っていけた!

今が絶望的でも、諦めちゃあダメだよ!

 

 

 

友達を見て愛や希望の凄い力を感じてきた

Blanka / Pixabay

 

 

[aside type=”warning”]

人間が精神疾患になる原因は、

セックスレス会話しないなど「コミュニケーションの断絶」

そして、モラハラなどヒステリックに接していれば、簡単に精神が崩壊。

[/aside]

 

 

ぼくのうつ病の原因は、上に書いた「夫婦として、家族としてのコミュニケーションの断絶。」

 

もっと詳しく記事にしています → 【DV・モラハラ】加害者は、男とは限らない。被害者の僕が告白。

 

 

オキシトシンがもたらす効果は、HSPを調べる中で知った

 

 

オキシトシンは、女性の出産時授乳する時に分泌される母親ホルモン。子宮の収縮に関係があるとが分かってから、現在も陣痛促進剤に入れられています。

 

近年の研究で、「出産経験者でない女性」や「男性」でもオキシトシンを分泌すると判明。

 

日本においてもこのような研究結果が報告されており、オキシトシンが分泌されると「人は幸せを感じる」事も証明されています。

 

オキシトシンを知ったのは、HSPが外部からの刺激に圧倒されてしまうのに、そうでなく刺激に圧倒されない場合があるのはなぜなのか。

 

仮説を立てて、証明したくなった。

 

[box class=”blue_box” title=”仮説とは?”]

・光や香りが苦手なら、ずっと肌に触れている肌着の刺激は?

・違和感を感じているならば、ココに何かある。

・スキンシップで感じる体温や触感・圧感に癒やされるのは、嫌な刺激ではない。

・うつとHSPには、深い関係かつながりがあるはず。

[/box]

 

 

心地よい幸福感をもたらすオキシトシン。

 

 

気分を安定させ、人への信頼感を増し、心地よい幸福感をもたらすオキシトシン

 

古くから知られていたのが女性を母親脳へ変えるという事でした。

 

出産後は、何を置いても子供第一になるのはこのホルモンの影響。

 

 

母子のふれあいでますます脳内に分泌されるので、癒しのような気持ちよさを感じるんです。

 

 

[aside type=”boader”]

ところが・・・

ふれあいがなく孤独や寂しさに押しつぶされてしまうのは、男女関係ないはず。

[/aside]

 

 

大人になると、孤独や寂しさを感じていても、「大人だからって」耐えなきゃならない社会的風潮。

 

ところが、耐えずに甘える場所がある人たちのあまりの変化にビックリする連続になる。

 

パートナーがいて安定した性行為をしているうつ患者は、確実に良くなりました。

しかしながら、ほとんどそうできているのは女性だけ。

 

 

 

※ 女友達の元うつ患者談

「恋愛がうつがよくなってくるきっかけになっていた。」ようです。

また、「恋愛していなかったうつの時は、食べることや入浴も出来なかった。」

「こんなに激変して良くなるとは思わなかった。」とも。

 

 

知っておきたい7つのオキシトシン量の増やし方

 

 

女性の性行為の絶頂時に一番分泌量が増えます。

 

女性が誰でも得られるものではありませんが、男性の絶頂時とは比較になりません。

 

性行為以外の簡単なことでも、オキシトシンの幸せ感を得られます。

 

1.親切にする。

 

「ありがとう」と声をかけるだけでいいんです。

小さなことでも続けるOK。

 

2.感動する。

 

コンサートや美術館、感動的なテレビや映画など自分が出来るもの。

実験では、マザーテレサの動画を見せると男女ともにオキシトシン分泌が増え『マザーテレサ効果』と言われています。

 

3.マイナス感情をためない。

 

マイナス感情を抑えると乳がんリスクが高まると言われています。

吐き出す事は大切。

 

4.マッサージを受ける。

 

リラックスするだけでなく、オキシトシン分泌もあります。

カップルや夫婦でマッサージをすると、更に信頼感が深まっていいかもしれません。

 

 

5.愛する人と精神的に支えあい、スキンシップをとる。

 

母子間のスキンシップの重要性はよく言わていて、母親となった女性は満たされますが。。。

 

[box class=”blue_box” title=”一番言いたいこと”]

母親になると「パートナーである男性」を放置してもいいムードってどうなんよ。

母親のケアをしない「パートナーである男性」には、「男らしさ」を求められて社会の風当たりは厳しいのに。

[/box]

 

 

男らしさって?女らしさって?

 

6.ハグをする。

 

5番と重なりますが、

こちらは軽いハグでも回数が多いほどオキシトシン量が増加。

 

7.他者とのつながりを持つ

 

ペットセラピーが一時ブームになりましたが、このオキシトシンの癒し効果なんです。

 

友達とお茶に行ったり、同僚と仕事帰りに1杯飲みに行くなど人とつながりを感じることが鍵を握っています。

 

 

オキシトシンとセロトニン

 

 

[box class=”blue_box”]

オキシトシンがたくさん分泌される事でセロトニンの生成が活発化。

つまり、オキシトシン量が豊富であれば、不眠やうつになりにくいだけでなく、絶望的な気持ちにならず「幸せな気持ちで病気とさよなら」できます。[/box]

 

 

それだけオキシトシンは、精神の安定に深い関係にあると考えられています。

 

 

あまり医師から聞かないのは、他人事なのかも知れない。

当事者ではない医師にはどうでもいいのかも知れない。

 

 

誤った解釈で自分を追い込んでいる人がとても多い

 

オキシトシンの作用とか知らなくても、

「癒される」

「心地いい」

「愛されてる」

 

安心感持てますね。

 

この安心感で不眠やうつが改善するって、想像しても納得でしょう。

 

 

寂しさを埋めるだけの恋愛やセックスは逆効果

ダンボー

 

1人でいる淋しさよりも必要としてくれるから、愛情もないのに相手と恋愛やセックスをする人がいます。

 

もちろん、個人の自由なので否定も肯定もしません。

 

うつや不眠に関してはまったくの逆効果で、愛情感じない相手にセックスの絶頂を感じてもオキシトシンは分泌されないようです。

逆に、ストレスホルモンの分泌が加速。気持ちをごまかせているようでも、自分の脳までは騙せないようですね。

 

 

[aside type=”normal”]うつに関係しないなら、本人がどうしようと自由ですけれど。[/aside]

 

 

まとめ

 

ぼく自身のお話をするには、かなりの年月が必要でした。

ぼくのようにうつ病になった経験や家族と離別した経験がない人でも、まだまだ人には話せない事情があると思います。

 

強いストレスを受けると男女関係なく、簡単に精神が崩壊します。

また、崩壊させるのも人間。

人間関係が上手く行くことは、その人の人生を大きく左右すると言っても、言い過ぎではないってこと。

 

今回は幸せホルモンのお話を通して、

「人間が人間を救う事」や「人にはコミュニケーションがとても大切である」と、お伝えしたかったんです。

 

価値観の違いから賛否両論があると思う内容ですので、もしも記事から違和感を感じたなら、ぜひとも今感じているその気持ちをじっくりと味わってみてください。

 

ひかるでした☆彡

 

おすすめの関連記事はこちら

[kanren postid=”6057,5696,93″]

 

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ひかるん

当サイト「hikaru3.Labo(ひかるんラボ)」管理人
45歳で軽度ADHDと分かり、現在リハビリ中。

ミラーレス片手に自然や大地に近づいて、様々な問題が解消。
Perfumeと仮面ライダー電王で「未来に希望を持つ」

詳しいプロフィールはこちらで~す

ひかるんをフォローする
ぼくのこと
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
hikaru3.labo

コメント メールアドレスは公開されることはありません。*印はが付いている欄は必須項目です。