双極性障害に完治はないけれど、ゆっくりと休む治療法で寛解を目指しましょう

ABOUTこの記事をかいた人

月間約10万アクセスのブログの運営者。HSPであることがわかってから、自分のあり方を模索中。双極性障害2型・PTSDを現在治療中。スナップカメラマン。 【詳しいプロフィールはこちらで~す



ども!双極性ブログ編集部のひかる(@hikaru3blog)です。

双極性障害で仕事を休んで焦りが出てると思います。

療養生活している人は、焦りや自分が情けなくなっている。

また、何もやる気がない・身体がだるい・眠れない。過食(拒食)になっている。

 

そんな気持ちは、ためるよりも吐き出す!

今、感じてる不調や不快感が徐々になくなります。

 

ぼく自身の経験から改善方法を見つけてます。

人をそれぞれ違いはあるけど、よくなったら嬉しいですよね?

ゆっくり休んでしまいましょう。

それが一番の寛解への近道になるんです。

 

うつ病でこんな事考えていませんか?

精神障害者手帳
うつ状態で考えてしまうこと
  • いつ仕事復帰出来るのか見えない。。。不安だ
  • 同僚や上司、部下に迷惑かけてる自分が嫌で情けない
  • 消えてしまいたい。。。。
  • 死にたい。。。
  • もう、必要とされないんでは?

 

全部あなたの妄想です。

今、大事な仕事を一生懸命してるって気づいてない!

心と体を安定させていく。復帰のためにこんな大事な仕事をしてるんですよ。

これだけも重労働でしょ?

 

 

今の自分でいいです。

ここまで読んでくださったついでに、

あと2分だけ僕に付き合ってくれませんか?

 

今の辛さを周りのせいにしてもいい

 

普通に仕事が出来ていた時、あなたはかなり頑張ってましたよね?

遅くまで休憩もソコソコに家に持ち帰りとか。。。

もしかしたら、休日返上で仕事してませんでしたか?

 

 

ぼくもそうでした。

 

 

体調がおかしくなってきてからも、上司は仕事セーブするように言ってくれましたか?

同僚は、負担を軽くするように仕事を少しでも引き受けてくれましたか?

 

TAN_blackkigyou_TP_V

 

おそらくそうではなかった。

  • 誰かが断ったのを押し付けられる。
  • 気分次第で指示がコロコロ変わる上司に振り回される。

 

あなたは十分すぎる頑張りでした!

だから、「適応障害」から「うつ病」「双極性障害」になってしまった。

 

休まないといけないのに

働いた分

まとめて返してもらってるだけ

 

それぐらい割り切っていいんですよ。復帰を焦らなくてもいいんです。

 

ぼくもはじめは自分を責めて、涙が止まらなくて、布団から出れなかったんです。

 

 

 

ゲスい連中に貸しつくってたのを返してもらってるだけ。

 

WordPress

 

・マンガ読んでもよし。

・ゲームしてもよし。

・旅行やゴルフだって。

やれるならやってしまいましょう。

 

 

嫌なことを考えないで済むなら、好きな事をしていい。

 

これも復帰するための立派な自己治療。

 

仕事復帰や体調不良への焦りで参ってませんか?

 

 

仕事に戻らなきゃ!

焦りでどうしようもない気持ちになる。

 

そう状態になると元気になった気がするから、焦燥感もどんどん加速してしまいます。

ぼくも双極性障害ですが、

軽そう状態では焦りといらだちで心を奪われていました。

その後に決まって激鬱まっしぐらな時期がやってきた。

 

 

OD(オーバードーズ)も衝動でやっちゃいますよね。

医者や家族は危険やからやめろって言うけど。。。

分かってるけど、抑えられない衝動。

 

きっと、当事者じゃないから分からんのかな?

分かってもらえないのが残念ですが、「周りの人がみんな自分たちの日常を変えられたくないだけ。」

そんな風に感じます。

 

「躁うつの当事者でもないお前らに何が分かるねん!」

 

そう心で思いましょう
(口にしない方がいいかもしれません)

 

焦りも落ち込みも感情のひとつ。時間が経てば弱くなっていく。

その感情を感じたら

「いま、自分は焦りに襲われてる。」

そう声に出してください。

 

色々な感情のひとつだから流せるようになるんです。

今だけ!

そう自分に言い聞かせてください。

 

 

ポイント

慣れてくると感情の波の飲み込まれなくなります。

(心理学カウンセラーの友達に教えてもらってからは、言い聞かせていて効果も大です。)

 

 

 

抗うつ薬などの管理を家族に任せて甘えましょ。

かなりの泥酔状態と変わらない躁うつ患者が、大量に出されてる薬を飲み分けるのは無理ゲーです

この際、甘えましょ(*^^*)

 

 

ポイント

インフルエンザくらいの短い期間で治らないんです。

骨折した人は治る過程が見えるし、ストレスで骨折しません。

 

 

 

インフルエンザと双極性障害を

同じように考えてる方がナンセンスというか。。。アホです。

 

先の事をあれこれ考えては、涙して落ち込んでもいいんです。

自傷行為もかわいいもんです。

でも、自傷行為の写真をネットに公開はやめましょう。

 

 

普通に通勤して働いていた頃の体調に戻れます。

 

今、これを読んでいるあなたは

仕事に復帰して、半年くらいで普通に生活をしていた自分に戻ります(^^♪

同じ状態だったぼくが言うんです!

こんなに確かな話はないでしょ?

 

でも、ぼく体調やメンタルが楽になる働き方がいいです。

会社に合わせた働き方で病気になったから、自分に合わせないと躁うつ病は確実に再発します。

実際、再発率が高い病気ですからね

 

 

双極性障害を持つ社会復帰したい人の仕事探し

 

実体験から再就職・転職方法をかなり具体的にまとめています。

 

再就職へ効率的な転職活動-ステップ1

再就職へ効率的な転職活動-ステップ2

病気抱えながら仕事をする自分の弱みだけではなく、今出来る事を自分で知る!

そこが一番大事なんです。

 

うつと双極性障害では、全く別の病気ですが会社はきっと知らない事。

しっかりと伝えておきましょう。

似てますが同じ脳障害の双極性障害とうつ病。

腕のいい医師でも見分けるのが困難です。

うつ病と誤診されたぼくは、かなり脳の機能が衰えたままです。

年のせいではありません。

 

 

誰も体調不良のほうが辛いってわかってくれない。

 

淋しいのはうつ状態の気持ちよりも頭痛や不眠、下痢が続くといった身体の状態。

うつって気持ちが落ち込む病気って思われているけどそこじゃない。

でも、伝わらない・伝えかたが思い浮かばない。そのまま1人で抱え込む。。。

 

家族が一番わかってくれないものです。

 

医者も患者が多いから流れ作業で十分話を聞いてくれませんね。。。

 

同じ境遇の人なら分かり合えますよ。

みんな淋しいから分かり合える仲間を求めています。

 

 

twitterで”うつ病”って検索したら凄い数の書き込みがあります。

活発なツイキャスなんかもメンタルさんが多く集まってます。

 

家から出れなくても仲間は作れるんです。

自宅から出れないのに遠く離れた人と気持ちを共有出来るんです。

 

 

今欲しいのって、

心ある人の言葉や思いやりを与えたり与えられたり。

 

人とのつながりを持ってほしいと思うのは、

「人に傷ついたら、人にしか癒されない」から。

 

「淋しい」そんな気持ちで我慢してなくてもいいんです。

 

半年以上通院して、合わない医師なら変えていい。

 

大都市圏以外に何でも集中しすぎていて、地方では住む地域によっては選択肢がないかもしれません。

 

でも、合わない医者に通う時間だけ復帰を先送りしてます。

 

ぼくの失敗から言ってるんですが、しょーもない医者ほど減薬しない。

患者の病状は変わるから、薬を増やすって一時しのぎで済ます病院が少なくないんです。

一人で受診しないで付き添いを連れていくのをオススメします。

 

 

第三者の目があれば、転院の判断もしやすいです

うつ病と双極性障害での転院方法の違いとは?

2018.05.10

 

それと。。。

よくあるんですよ・・・

精神科医が精神病になるケース

ぼくもそれにはまってキツい抗うつ薬の影響で、一年間すっぽり記憶がないです。

復帰どころか、ここで双極性障害になった可能性が高いくらい。

 

 

 

結構な辛口に書きました。

 

これくらいの思っていても半分も表には出せないのがこの病気です。

 

 

この記事で言いたかったこと

〇 焦燥感は今だけの感情なので、スーッと流すコツをつかみましょう。

〇 うつ病の人は、元気になるまではかなりワガママさんのまねっこしてください。

〇 双極性障害の方は、そう期に暴走するブレーキ役を確保!反動で激鬱になります。

 

 

脳に異常が発生して治療法も分からない。でも、治ってる人がいます。

穏やかに過ごしましょ。

(この記事のライター:ひかる@hikaru3blog)

 

 

シェアありがとうございます

HSPメールマガジンを読んでみませんか?


ブログでは伝えきれない情報

メールマガジンで配信しています。

 

◆ LINE@のメンバーさん。

◆ 最近、このブログを知ってくださったあなた。

 

現在、登録を大募集中!

メルマガ登録フォームはこちら