【薬に頼りたくない】会社の雰囲気に敏感でストレスからの疲労感や頭痛をどうにかしたい

hsp

ABOUTこの記事をかいた人

月間約10万アクセスのブログの運営者。HSP(繊細で敏感な人)であることがわかってから、自分のあり方を模索中。
双極性障害2型・PTSDを現在治療中。ブログを書きはじめて、回復しています。ウェブデザインコース修了生。

詳しいプロフィールはこちらで~す




 

 

職場の雰囲気がよかったら仕事でグッタリ疲労感にならないのに。

高圧的な人が一人でもいる雰囲気がとても嫌で耐えられない。

時々、シャットアウトして1人で黙々と出来る仕事に変わりたい。

 

非HSPが感じない場の空気感を敏感に感じるので、ストレスでグッタリ。

うつっぽくなって、心がダークサイドに落ちていく。

心当たりがありませんか?

 

こんにちは!ひかるです。 (@hikaru3blog)

 

ウソみたいにスッキリする方法を紹介します。

 

ぼくのダークサイドに落ちた時

 

ずっと自宅で仕事をしていますが、ネットから苦手な感じのするモノをたくさん浴びてしまいました。

普段は避けてますが、HSPの事を調べているとどうしても遭遇するんです。

 

 

 

少し調子がよかったので、「今なら大丈夫!気になってる部分を一気に調べよう。」

無理をしたので、気持ちがハリネズミのように尖ったり、うつのようにダークサイドへ。

 

 

逃げたらダメってかなりヤバいですよね(^O^;)

 

3日前からふとんの中が安心できるようになって、いよいよマズい状態でした。

 

こんな感じでツイートしてたし。。。

 

 

 

 

528ヘルツの音が心の疲れいいって知り、一回聴いてウソみたいに復活しました!

ちょっと、そこへ至る経緯をお話ししていきます。

 

その前に、

事務職で会社勤めしていた頃にもこんなことがあり、少し思い出してみました。

 

 

HSPが頭痛や体調不良になる原因は、会社の人間関係がほとんど。

 

ぼくのプロフィールにも書いていますが、ある会社の総務課で労務事務を長くやっていました。

当時は陽気なムードメーカー

「神経質」とか「繊細」とかたまに言われるくらい。

 

 

ひかるん
ムードメーカーだったのは嫌な空気感をブロックするためで、明るい雰囲気を作っておくのが重要事項。

 

 

HSPなんて言葉はまったく知りませんでしたが、

 

・「高圧的な人」

・「言葉がキツい人」

・「約束事にルーズな人」

 

こんな人達に激しくストレスを感じて、頭痛や下痢になることが多かったからです。

 

 

たいてい、総務課って近寄りがたいでしょ?

そこへ平気でやってくる人って、「厚かましい事言って当然な人」「押したらどうにかなるって人」が多いです。

 

 

3時間粘るとか日常茶飯事。

 

体調不良って薬で治すしか思いつかなかったので、自分の机と通勤カバンにはセデスとビオフェルミンをそれぞれ切らさないよう気をつけていました。

 

ここまでして働くってなんやろうって、現場に帰りたかったな。

 

 

 

澄んだ音に心が洗われる感覚がHSPを癒やす。

 

 

HSPの多くは、音楽や映画・季節の美しさへの感動が非HSPより敏感で癒されます。

 

職場の嫌な雰囲気は、仕事終わりに職場の屋上で見る星空や街の夜景で癒やしてから帰宅していました。

 

 

 

 

ある時、地元の工芸品の明珍火箸がソニーの音叉の調律に使われてるって聞いて、押し入れにしまいこんでいた明珍火箸を鳴らしてみました。

 

リーンって音に全身のこばわりや心もモヤモヤがすーっと溶けていく感覚がして、その日からは何度も音を聞いていました。

 

 

いくつかYouTubeにありますが、自分の持っているのはこれが一番近いかな?

 

 

 

明珍火箸の音色が魔除け・厄除けになると言われていて、播州地方では玄関のチャイム代わりに吊り下げる家庭が多いです。

 

ぼくも厄除けにプレゼントしてもらったんですよ!

 

 

体調不良やうつ気味な気持ちが一気に晴れた。

hsp

 

 

528ヘルツのお話ですが、ブログ友達からオススメしてもらったCDを買っちゃいました。

 

 

CDの一曲目のこの曲で深い眠りに落ちたんです。

音量に気をつけて、聴いて見てくださいね。

 

YouTubeで音を聴いてるうちに熟睡していて、目が覚めるまでホント深い眠りでした。

 

どんよりな気持ちが全くなくなっていて、カメラ片手に外出していた感覚が戻ってる!

 

ソルフェジオ周波数というカウンセリングに使われてる周波数なんです。

 

 

528ヘルツは、一秒間に528回の音の波があるってことなんですが、人間のDNAを修復する効果があるようです。

 

 

 

正直、実際に音を聴くまでは半信半疑。

今まで自律神経がよくなるCDとか買ってみましたが、

スッキリ感を感じる事があまりなかったので、528ヘルツの音がぼくが辛い時の心の支えになりそうです。

 

 

スピリチュアルやヒーリングにのめり込むのがちょっと怖い人へ。

 

 

スピリチュアルを否定してるのではなくて、

以前、「敏感」にもほどがあるの紹介記事、この中でもハマると洗脳されそうで怖いイメージがある事を書いています。

 

作者の高橋敦さんが、著書内で自身の経験を事こまかに書かれているのを見て、距離を置くべきなのかなと感じたんです。

 

ひかるん
同じように感じる人もいると思います。

 

 

ソルフェジオ周波数については、上のYouTube動画で気づかれたと思いますが、実際に聴いてみた感じではおどろおどろしいものではなかったですね。

 

身体の疲れは焼酎風呂で軽くなっていますが、心の疲れが1人ではなかなか取れないまま。

 

【関連記事: 焼酎風呂の効能を入浴後すぐ実感。体が軽くなって冷えからの不調までなくなった。 】

 

 

好きな音楽のひとつくらいに考えて、ちょっと辛いなっていう時に聴いていこうと思っています。

 

ひかるでした☆彡

 

 

 

↓ こちらの記事も読まれています ↓



hsp

シェアありがとうございます