「メンタルてんきよほー」は”hikaru3.Labo”へリニューアル。

サラリーマンの健康保険・厚生年金はどうやって決まる?4・5・6月残業するなってなぜ?

ども! ホムペのカテキョ 社会保険インストラクターひかる(@hikaru3blog)です。

新年度が始まりますが、年度末を乗り切ったところに新年度の業務が忙しくなりますね。

社会保険料がなんでこんなに高いんやろ?

そう思うあなたに、健康保険や厚生年金保険料がどうやって決まるのかを簡単に図を使ってお話します。

 

スポンサーリンク

サラリーマンの健康保険・厚生年金保険料は、4・5・6月の給与額で一年間の保険料が決まる。

 

給与天引きされている健康保険と厚生年金保険料は、いつ決められているんでしょうか?

答えを先に書いてしまいましたが、4・5・6月の給与額の平均で決定されて、その年の10月から新社会保険料に変わるんです。

 

健康保険

図の例では、固定で30万にわかりやすくしていますが流れのイメージは伝わりましたか?

社会保険の定時改定といって、3ヶ月の平均を7月に社会保険センターへ会社が報告します。

その報告を元に社会保険センターが決定をするんで、会社が勝手に決めれないんです。

 

 

サラリーマンが健康保険・厚生年金保険料を抑える方法

 

上で言ったとおりのしくみなので、4~6月に残業をせずに固定給のみで給与を抑えるのがホワイトなやり方ですね。

 

社会保険料抑える

上の図は、赤で残業分をわかりやすくしてみました。

健康保険と厚生年金を計算する時、社会保険では36万の給与ですと35~37万給与のランクになります。2万きざみでランクがあるんですね(社会保険料額表)。

 

 

実際に計算してみましょう!

(例)東京都で39歳サラリーマン。この場合、36万が社会保険料の基準額(標準報酬月額)となります。

[aside type=”boader”]

健康保険料・・・・17,928.0円

厚生年金保険料・・32,727.6円

合計・・・・・・・50,655.6円
[/aside]

 

 

では、残業しない30万円のままも参考に計算してみましょう!

[aside type=”boader”]

健康保険料・・・・14,940.0円

厚生年金保険料・・27,273.0円

合計・・・・・・・42,213.0円
[/aside]

 

 

[voice icon=”https://hikaru3.com/wp-content/uploads/2017/03/men-bikkuri.jpg” name=”アラフォーパパさん” type=”l icon_red”]
月額で8,442.6円差! 年間にすると・・・101,311.2円!
[/voice]

 

[voice icon=”https://hikaru3.com/wp-content/uploads/2017/02/hikaru3.jpg” name=”カテキョひかるん” type=”r line”]
月給が6万も違えば、これくらいの差はあるんじゃないですか^^;
わかりやすい例のために、ちょい月給に差をつけました。
[/voice]

 

 

 

ボーナスからも金額に応じて、健康保険と厚生年金は決定して給与天引きします。

 

 

ボーナスの給与明細って見たことありますか???

ボーナスからもちゃっかり健康保険料・厚生年金保険料は天引きされていて、給与みたいにあらかじめいくらもらえるかわからないですが、賞与の社会保険料額表で計算しているんです。。。

 

給与計算やってる事務員さんが楽そうに見えるかもしれませんが、ボーナス支給日から5日以内には届け出と決まっています

 

結構タイトなスケジュール。お金の計算も神経かなり使ってます。

 

優しくしてあげてくださいね(^^♪

 

 

健康保険料・厚生年金保険料が変更になる例外がある。

s_neko

 

基本、4~6月の平均額で届け出して決定された額が今年10月~翌年9月の社会保険料になります。

しかし、例外があります。給与の増額や減額で4万円以上の変更があった時には、その給与額に合わせて途中で変更になる場合があります。

1ヶ月だけドンと残業で給与が増えるなどでは変更になりませんよ(^^)

[aside type=”normal”]
随時改定っていうんですが、ややこしいので「なんやそんなんあるんやな」でOK。[/aside]

 

 

健康保険料・厚生年金保険料がどうやって決まるかのまとめ

 

社会保険料(健康保険・厚生年金保険料)の決定方法についてのお話でした。

 

現在の保険料を抑えて今の生活が楽になる考え方。また、将来もらえる老齢年金が多くもらえるという考え方。両方の考え方に正解や間違いは決められないです。

 

また、社会保険料は年末調整の控除対象になります。年末調整は、税金還付のためだけではなくて、翌年の都道府県民税・市町村税の決定するためにやっています。

 

天引きされる保険料が減って、給与は変わらないけど手取りが増えるのは一瞬。

 

現在の保険料を抑えたい人は、明日からが勝負になりますよ(^^)

 

ひかるでした☆彡

 

こんな関連記事も読んでね

大嫌いな社会保険でインストラクターになったのは、こんなぼくが人の役に立てるから。

検索で日経新聞を抑えた記事!こども保険で自民若手が実質増税!?

 

 

この記事を書いた人
ひかるん

当サイト「hikaru3.Labo(ひかるんラボ)」管理人
・うつや双極性障害、HSP、ADHDグレーゾーンの当事者目線で発信中。

ミラーレス片手に自然や大地に近づいて、様々な問題が解消。
Perfumeと仮面ライダー電王で「未来に希望を持つ」

詳しいプロフィールはこちらで~す

ひかるんをフォローする
うつ病得する手続き
NO IMAGE
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
ひかるんをフォローする
hikaru3.labo