ぼくの人生を変えようとした話・20代編

ABOUTこの記事をかいた人

躁うつ病でも出来るブログやホームページの仕事やってます。障害手帳3級で自宅が職場です。 Perfumeの大ファン。キレッキレのダンスをLIVEで見るために頑張ってます(^^♪

スポンサーリンク




人間、何度か転機がありますね。進学や就職、結婚で人生の分かれ道がありました。

20代で人生を変えようと行動した話をします。

 

バブル崩壊後にホントに就職難でした。

 

 

僕たちの2年上の人達は空前の売り手市場で、学生確保のために企業が海外旅行へ連れていき、他社と連絡を取れないようにする。それが普通でした。

ところが、1年上の人が就活する前にバブル崩壊。僕たちの時は、さらに仕事がなかったのでたくさんの大学生が就職浪人する状況。

 

1月に阪神・淡路大震災が、3月に地下鉄サリン事件あった年。

 

ぼくは運良く地元企業に就職が決まって、2年間お世話になりました。スーパーで水産担当、朝7時から閉店の夜10時まで毎日。

休みの日も無言で出てこいって感じで、2年間で10日も休んでなかったかな?

ある店に転勤した時にもっと酷くなって朝5時~翌2時まで、ご飯も食べる時間なし・休憩もない。

今で言うブラック企業ですね。。。身体を壊して辞めました。

今みたいにPCがないので、ノートと電卓使って商品の回転率や予算の進捗、損益分岐点の計算して頑張って来たのをムダにしてしまった。

 

 

1番仲が良かった同期

 

彼の彼女が郵便局員さん。25歳がラストチャンスやから、ひかるくん受けてみ~って教えてくれたんです。ここが転機になるんです。

試験内容や傾向を聴いていて、その彼女が通っていた公務員試験専門の塾も紹介してくれました。

大手の大原じゃなくて、地元で小さな塾があったんです。

 

4月~9月の半年間で公務員試験独特の教科をガッツリ勉強。大学入試以来、勉強らしい勉強をしてなかったけど、本気で人生をここで変えよう!

ラストチャンスにかけてみよう!かなり気負っていましたね。

第一志望は、県職員。第二志望は、市職員。それがダメなら、他は興味ない。というか、他を知らなかっただけです。

 

 

ブランクがキツかった。

 

進路相談もあって、ここで国家一種・二種・三種や警察官、消防とか色んな試験があるのを知りました。

19人の生徒がいて、1番年上。25歳でオヤジって言われてたな~。ほとんどが大学生やったから、しゃーないかな。

国家三種は、実は高校時代に合格していました。大学が全滅した時に、税務か法務に行けるように保険かけるのがウチの高校の慣習やったんですね。

100人くらいは受かってたかな?

 

でも、ブランクありすぎで高校時代みたいにスラスラ問題がとけない。。。

もっと難しい県職や市職を狙うので、かなりガチで勉強漬けの毎日。

 

公務員試験も大学入試のように、

競合しそうな試験は、日程をわざと同じにして併願できないようにするんですね。

ぼくの時は、兵庫県庁と神戸市役所が同じ日程だったんです。

 

成績的に無理やったけど、ダメ元で数打つ作戦。

県庁・市役所・国家三種(郵政内務)・県警この4つを受験して、国家三種(郵政内務)と県警に合格。

どちらを選ぶかで迷いました。

 

県警には、剣道部つながりで先輩や知っている警察官がたくさんいてアドバイスももらえていたのですが・・・。

ちょうど酒鬼薔薇事件が発生!先輩が「今は、やめとけ。郵政のんが危険はない。」

めちゃくちゃ裏話を聴いて、ぼくがドン引きしていたからかな?きっと、先輩は警察官で勤まるか試したんやと思います。

 

塾が9月で終わっていたけど、採用まではなんかみんなが毎日集まっていて、5人郵政に内定者がいたので情報交換してました。

身内に公務員がいる子や親も郵便局員、税務署とかやとやっぱり情報量が全然違ってて、「公務員の子供が公務員になるカラクリってこうなんや。」そんな事も見えたり。

 

 

平成10年4月1日

 

旧・郵政省の職員として入省式が、大阪の北浜にある近畿郵政局であったんですが、入省式に出てやっとこれで人生変えられた!

「行きたい電気通信管理局へ転用試験受けて行ったる!」 夢いっぱいでした。

電気通信管理局は、テレビ局や携帯会社に放送免許や電波使用許可を出すところで、ここは民営出来ないって思惑でした。

でした。。。。

 

後々試験受かったけど、郵政事業庁になるって決定した時に人事が凍結。

合格者もなかったことにされるという・・・。ついてないな、俺w

 

 

 

人生の転機のまとめ

 

今でも、当時の同期や公務員試験塾の友達とは繋がっていますが、ぼくが体調のいい日があまりないので会えてません。

あの時も何も知らなかったけど、人の縁と運で別の道を知ることが出来ました。

あのまま、あの会社には残らずに早いか遅いかで辞めていたと思ってます。

今、まったく関係ないウェブ系の仕事をしていますが、ここの転機も人の縁で知りました。

別の機会にお話します。

 

ひかるでした☆彡

関連記事


気にいったら、ボタンで拡散してね

ABOUTこの記事をかいた人

躁うつ病でも出来るブログやホームページの仕事やってます。障害手帳3級で自宅が職場です。 Perfumeの大ファン。キレッキレのダンスをLIVEで見るために頑張ってます(^^♪