「メンタルてんきよほー」は”hikaru3.Labo”へリニューアル。

うつになってから友達が離れていって、どうしていいか分からない人へ。

うつ病について

元気だった時。

友達と出かけたり、遊んだり。悩みを相談したり、されたり。

それがかけがえのないものでした。

 

うつになってから、改めて気づいたのかも知れません。

今、あなたはそんな友達が距離を置いて、多くの友人があなたから去ってしまった。

孤独感と戸惑い、寂しい気持ちで胸が苦しい。

 

自分がこんな病気にさえならなかったら、

うつが自分から大事なものをすべて奪っていった。

そんな気持ちで辛いですね。

 

こんにちは!ひかるです。 (@hikaru3blog)

 

そんなあなたに素敵な言葉を紹介します。

 

スポンサーリンク

「本当にあなたに必要な人」

 

 

あなたに必要な人は
あなたに正直でいてくれる人。

ありのままで
あなたに接してくれる人。

あなたを尊重してくれて
あなたの心を
大切にしてくれる人。

あなたの存在を
ありがたく思ってくれる人。

あなたに誠実でいてくれる人。

あなたの信頼を裏切らない人。

あなたを本当に愛してくれる人。

 

他の人がみんな
あなたから去ったとしても
最後まで
あなたと一緒にいてくれる人。

だってあなたには
そんな人こそ
ふさわしいのだから。

あなたは
愛されるべき存在。

あなたは
すばらしい存在。

真実の愛こそ
あなたにふさわしい。

 

(出典:読書を楽しもう「愛の名言」より)

 

 

いい時よりも最悪な時の友達が本物の友達

 

ぼくも躁うつ病の躁とうつの落差から、たくさんいた友達が次々と離れていなくなりました。

 

1番心細かった時に自分から人がどんどん離れていくのは本当に辛かった。

 

でも、自分の巻いた種なのでどうしようもない事なのに、状況を受け入れる事も出来ませんでした。

 

その頃の気持ちを思い出し自戒を込めて残している記事を書いていますが、うつや躁うつを理解されない事よりも、

 

[voice icon=”https://hikaru3.com/wp-content/uploads/2017/08/hikaru2_R.jpg” name=”ひかるん” type=”l big”]「どうして周りにいる人の気持ちを理解しなかったのかな?」[/voice]

 

今は、そう思って反省しています。

 

 

見捨てなかった友達がきっとこれからも変わらない関係でいられる

 

躁うつが悪化して帰郷したんですが、遠くで生活していたのもあり

 

病気の事や仕事の事、家庭の事はほとんど伝えてませんでした。

 

[voice icon=”https://hikaru3.com/wp-content/uploads/2017/08/hikaru2_R.jpg” name=”ひかるん” type=”l big”]帰郷してうつのことを伝えると、去ってしまった他の人たちのようになるのも怖かった。[/voice]

 

 

なにがきっかけで集まったのかは覚えてないですが、彼らの前では元気だった時と変わらない自分に戻っていました。

 

なので、うつっぽくない(ように見える)自分が告白した「躁うつであること」「病気がどう症状で出ているか」を、ビックリしてはじめは信じてくれませんでした。

 

 

友達5人はみんな剣道仲間たち。

 

一緒に小学生から始めた友達が3人。

 

高校の剣道部で一緒やった友達が2人。

 

 

5人が口をそろえて言ったのは、

 

「お前はうつから1番遠い人間やと思ってた。それでも、これからはしょちゅう会えるやん。」

 

 

この時に友達の前ではじめて泣いたかな。

 

 

 

あなたが今、思うことはなんですか?

 

 

愛の名言を紹介しましたが、本当に真実だなってぼくは感じました。

 

 

 

[box class=”yellow_box”]

・ひとりぼっちになってしまった。

・誰かに話しを聴いて欲しい。

・話を聴いてくれるだけでいい。[/box]

 

 

そう思っていますね。

 

[box class=”yellow_box” ]また、こんなに辛い思いを分かってくれない。なぜ、見捨てていったの?[/box]

 

そんな思いもあるでしょう。

 

 

[aside type=”normal”]よーく周りを見てください。[/aside]

 

去ってしまった人達って、

 

あなたが無理して

 

あなたがその人たちに合わせようと頑張って

 

あなたが人の輪からはみ出したくなくて

 

付き合ってきた人達じゃない?

 

 

自分を思い切り休ませるためにひとりになっている

 

うつが脳の病気であるってやっと知られてきましたが、当事者以外はまだまだ知らないことです。

 

ストレスと抗うつ薬などでかなり傷ついて脳細胞がやられているんです。

 

筋肉痛も細胞が力というストレスから痛みになるように、脳細胞も痛みと感じられない痛みがありそうです。

 

だとすると、筋肉痛のように痛みがなくなるまで脳細胞もしっかりと休ませるといいと感じませんか?

 

自分が無理して付き合ってきた人達と一緒にいたら、ストレスから開放されずに休ませる事は無理。

 

 

 

過去は変えられないけど、未来はこれから変えていける。

 

未来を今から作っていくために、しっかりと休んでスタートする準備期間なんですよ。

 

心が痛いと思ったら空を見上げて見てください。

 

そのまま、大きく息を吸って吐いてみると気持ちが少し軽くなりますよ。

 

[box class=”yellow_box” title=”関連記事”]絶望的になったとき、ぼくが考えること”誰にも幸福と不幸は同じだけ”[/box]

 

ひかるでした☆彡

 

 

この記事を書いた人
ひかるん

当サイト「hikaru3.Labo(ひかるんラボ)」管理人
・うつや双極性障害、HSP、ADHDグレーゾーンの当事者目線で発信中。

ミラーレス片手に自然や大地に近づいて、様々な問題が解消。
Perfumeと仮面ライダー電王で「未来に希望を持つ」

詳しいプロフィールはこちらで~す

ひかるんをフォローする
うつ病についてささやかな想い
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
ひかるんをフォローする
hikaru3.labo