ブログは、ペイ・フォーワードで始めたけど。伝わらなかった。

sky

この記事のライター

ひかる

ブログの始め方・作り方の専門家
・無料ブログソフト・ワードプレスにちょいと詳しいオッサンです。
・精神障害認定3級の躁うつ病患者の立場から、発言しています。

やさしい!分かりやすい!ていねい!

ホムペのカテキョひかる(@hikaru3blog)です。

 

メッセージアプリやSNSって使いますね。とても便利です。

こんな事ないですか?

「思った事と違う意味で取られる。」

 

そんな意味で書いたんやない

ある事で友人が相談して来た時の話です。

ホントは通話してたらよかったんやけど

向こうの事情でLINEのやり取りになりました。

 

ある一文が友人のカンに触ったみたいで

そこからはめっちゃケンカになりました。

 

 

文字は文字

微妙なニュアンスは

声色や表情があったら伝わるねん

 

文字だけ見るとキツく感じる事ってあるよ

だから、言葉を選んでる

 

ツイッターとツイキャスを見てて

ツイッターも文字だけのやり取りでブロックも出来る。

薄い関係性の中に入れる気楽さもあるねんけど

仲良くなってくると、お互いの深い話もやっぱりするねんな

 

ここでは相手が困っていてもこっちからはヘルプしない事にしました。

「支援ポルノ・支援ハラスメント」って言葉を流行らせているライターがいます。

支援ポルノ・支援ハラスメントは、困ってるから助けてましょってお節介やくことみたいです。

もっと、色々言うてたけどガン無視したので覚えてませんが、そいつに一昨日、思い切り叩かれました。

 

反論はせず。相手が気分よく去っていくのを待ちました。

めんどくさいやつ キライやねん!

ぼくは悪意を持ってアドバイスしてるわけでもなく

お金取った商売をしてるわけでもない

なんでそんな事で噛みつかれなあかんねん

 

ここでも文字で想いを伝える限界を感じました。

 

ツイッターのフォロワーさんがそのやり取りを見て

自分のやるキャスに読んでくれたから、初めてツイキャスを見ました

ご存知の方の方が多いと思いますが、ツイッターの動画配信版です。

 

生放送中に見てる人がどんどんコメント入れていくのを見て

メンヘルの人達がツイキャスでつながってるのも聞きき

 

「あ、これには勝てへんわ。

悩みをメッセで見て放送で言葉ですぐ返事する。

誤解もないし、あっても分からへんとこをメッセする。

すぐ、答え返ってくるから信頼と親近感沸く。

声があるから、文字だけの世界と違ってリアル感ある。」

 

 

ぼくは時代遅れやった

 

ブログを始めた想い

助けられたようなブログで同じ病気の人を助ける事。

ペイフォーワードやった。

 

支援ポルノって言われてショックやった

 

いまはツイキャスに救われてる時代やった

 

それが分かっただけでもよかったんかも

 

電通社員のセクハラ自殺事件については

この支援ポルノって言われた事で書けなくなりました。

僕も亡くなった女性並みの勤務して、自殺未遂しています。

どういう状態やったかはおおよそ想像がつきます。

 

その経験から、同じ目に合わないようにメッセージすること

これも支援ポルノなのでやりません。

 

助けて欲しいと誰かが聞いたら

そいつか助けたらいいんですよ。

本人からのヘルプやからハラスメントでもポルノでもない。

 

 

これからのこと

 

白紙です

 

 

 

相談乗ったり、知ってる限りをオープンにして

社会復帰を支援するつもりでしたが

それは本人が望まないと 支援ハラスメント になる

 

そこまで言われて こっちから助ける必要はないと思います。

 

普通の人でも顔出してブログ書くのには勇気いると思うんです。

 

ぼくは精神障害者なので

それを公表するのは、かなり勇気がいったけど

誰か分からんやつよりも安心して欲しいから顔出しました。

それだけになんか残念です。

 

 

 

関連記事



sky

頼む!シェアしてくれないか!