お知らせ
コメント欄のエラー修正しました。
ご迷惑おかけしました。

双極性障害やうつ病で今、辛い人へ。同じ患者からのメッセージをブログから送りつづけます。

ABOUTこの記事をかいた人

月間約10万人に訪問されているこのブログの運営者。HSP(繊細で敏感な人)であることがわかってから、自分のあり方を模索中。 双極性障害2型/PTSDを現在治療中。ブログを書きはじめて、回復しています。ウェブデザインコース修了生。 【詳しいプロフィールはこちらで~す

スポンサーリンク




僕の想いは 大変な目にあった分幸せになってほしい

082991

双極性障害を発症してから辛い毎日で夢も希望もなくしている。そんな人に、幸せを取り戻すアシストをこのブログを通じて実現出来ればな。そう思っているんです。

双極性障害やうつ病の患者当人さん、また、それを支えている家族や周りの人へのメッセージを伝えます。

 

双極性障害・うつ病の患者さんへのメッセージ

過去はどうあれ、現在死にたいとか未来に希望が持てないでいる人がきっとこの記事を見ているを思っています

記事で色々お話をしていきますが、今の自分がずっと続くわけじゃない!

それを形を変えながら伝えて何か希望を感じてほしいんです

 

AC1705

体調に合わせた働き方が出来る時代

残念ですが、首都圏以外では健常者とそう変わらない精神障害者だけが仕事にありつける現実があります。

僕は、このブログで生活していこうとしています。

体調に合わせた働き方が長く出来る自分に合う仕事のスタイルと気づきました。双極性障害は、気分に躁とうつの上下の波があるので振れ幅に気持ちも心もついていけない。会社で働くのはかなりの負担と精神力が必要で困難に感じたんです。

 

15032916_TP_V

 

今は、在宅ワークでも収入が得られる時代です。

社会復帰にはハードルが高くて、仕事に就けない方も自宅で体調にあわせた働き方で生活していけるんです。

ストレスフルな通勤や職場での人間関係から解放されると、クローズで働いていた頃よりもずっと自分は幸せだと感じています。

 

社会復帰が自分の夢という双極性障害患者さんへのメッセージ

 

休養生活でホントに好きな事を思う存分してください。

無理せず腹八分目くらいで辞めて、疲れを残さないよう心がけていました。1年弱でフルタイム勤務許可が出て、社会復帰が実現。普通に働いて深夜残業つづきな生活を送れるようになっていました。

周りの目を気にしてた時期はほぼ寝たきりで、社会復帰する事は諦めていたんです。親友が一番の理解者で支えてくれたおかげでした。

彼からは、考え方・ものの見方を変える事を勧められて、いろんな本から学びました。自分軸で考える事や行動する事で内向きな考え方のくせが変わってきつつあります。

支えてくれて本気で向き合ってくれて、ずっとありがとうと思っています。

 

438548

 

病気で去っていった人間は、その程度なのであなたが悪いんじゃないです。

今、見捨てずにいる人を大切にしてくださいね(^_-)-☆

 

ひかるでした

関連記事



スポンサーリンク

シェアありがとうございます

\ LINE@はじめました /

 

ブログを読んでくださるかたとLINEでお話出来るようにしました。

 

お問い合わせやコメント欄が苦手なかた、こちらからどうぞ。

 

ブログ更新のお知らせ/新サービス情報/ブログに書かないちょこっと話

などなど、こちらからお届けしていきます。

 

↓ 下のボタンであなたの登録を待っています(^^) ↓

友だち追加
 

友だち追加→スタンプ送信で完了です。