「メンタルてんきよほー」は”hikaru3.Labo”へリニューアル。

家族の看病や介護疲れで「助けて欲しい。」なら、逃げても誰にも責められません。

うつ病について
スポンサーリンク

うつ病など、精神疾患者を家族・恋人に持つ人の看護の負担で疲れた。

夫または彼氏が突然病気で別人のようになってから、必死で介護・看病してきて助けて欲しい気持ち。

 

 

家族の負担は、実際に経験してない人の理想論やきれい事をタテに責められるようなプレッシャーに潰される事。

病気で闘病生活をしている家族や恋人を支えなきゃいけないと、必死にやったきた気持ち・心をバキバキに折られてしまいます。

 

 

[aside type=”warning”]外野の声はガン無視でOK。やつらは口だけ番長です。[/aside]

 

 

また、こんな日が戻って来ます。

 

 

家族や恋人の病気って熱やかぜでも心配になりますが、うつ病になった人への良い接し方がわからない。

 

明るさの消えたつらそうな表情や姿から、元の笑顔や活動的な姿に早く戻してあげたい。

 

そんな悩み・サポートの方法が分からない人が参考になるように

「家族・恋人にこんなサポートが助かった」5つのポイント をまとめました。

 

  1. 1)うつ病のサポートは何に悩んでいるかを知るのがベスト
    1. 4分ほどの短い動画、「黒い犬」。
    2. マンガ「ツレがうつになりまして。」
    3. 心が辛いと思われがちですが・・・
  2. 2)うつ病患者はアドバイス役よりも聞き役が欲しい
  3. 3)うつ状態の接し方は、適度な距離感を持つと本人の負担は軽くなる
    1. 本人が自分と向き合おうとする時間が必要。
  4. 4)うつの治療は長期戦!すぐ効果が出ないものと知ること。
  5. 5)病院には可能な限り付き添って、主治医と3者で診察をススメます。
    1. 大切なこと!遠慮なく他の病院に変わっていい。
  6. 離婚したいと迷って考えているあなた。
  7. ずっとうつの看病して来たけど疲れてきた。
  8. うつ病家族にこんな思いもないですか?
  9. 病状とお金。この先の不安をなくしていきましょう。
    1. うつ病の病状について
    2. うつ病患者との話は、聞き役に徹すると今より楽になる
    3. うつ通院して一年半でよくならなかったら、医者を変えよう
    4. うつ病家族が抱えるお金の面について。
    5. 障害年金の請求を考えてみませんか?
  10. 双極性障害が寛解した経験上お話できること。
  11. うつ病最悪の時、考えていた事は家族・仕事。自分のことは考えなかった。
  12. 家族の介護や看病に疲れてしまった時って。
  13. おすすめの関連記事はこちらです。
スポンサーリンク

1)うつ病のサポートは何に悩んでいるかを知るのがベスト

 

うつは心の風邪ってキャッチフレーズがありますが、これは大きな誤解で間違った情報。

脳梗塞くらい重くて、とても風邪のたとえが当てはまらないくらい体調やストレス

どういう段階があるかを図にしてみたので、参考にしてください。

 

うつ病の克服体験記、医師や製薬会社の出している本は参考になります。

でも、家族の悩みを解決してくれる情報は期待できなません。

そこで分かりやすい動画とうつ病の定番の本を紹介します。

 

4分ほどの短い動画、「黒い犬」。

うつ病患者を絵本のようにわかりやすく伝えているので、1番に見るのをオススメしています。

 

マンガ「ツレがうつになりまして。」

 

写真のように映画化されていますが、原作マンガの方いいです。

夫のうつ病に妻が悩みながら、接し方を見つけていく流れがとてもリアル。

ぼくは、「こんなサポートしてくれる奥さんがいたら。。。」その想いで涙が止まらなって、途中で見れなくなりました。

本人がうつ状態では感情移入して堕ちてしまうので、見せないほうがいいですね。

 

 

 

NG行為はリンク先が参考になります。(外部リンク)

 >>> 姫路 心療内科・精神科 前田クリニック「うつ病」

 

 

心が辛いと思われがちですが・・・

声を大にしてぼくが伝えたいのは心の辛さより…

うつ状態の心よりもずっと続く体調の悪さをどうにかしてくれ!っていうのを世間に知ってほしい。

 

 

・謎の頭痛

・吐き気

・下痢

・食欲不振

・大きな音や光にストレスを感じる

 

うつ病にかかると身体の不調がずっと続き、それのストレスが心にズシッと乗りかかる。

Twitterでのうつ病の患者のつぶやきを見ると、体調が辛いような事をよく見かけます。

 

 

2)うつ病患者はアドバイス役よりも聞き役が欲しい

 

 

こんなタイプではなかったですか?

 

 

[box class=”blue_box” title=”病気になる前”]

・なんでも積極的に頑張ってるまじめなタイプだった。

・出来ない・分からないをそのままにしない人。

・神経質できっちり。

・周りの人にも細かな気配りを欠かさなかった。

 

[/box]

 

 

多くのうつ患者が辛く思うことは、心身ともコントロール出来ないうつを経験してない家族に分かってもらえないことが本人にはツラいんです。

 

 

たとえば、

健康な人の考えなら「外へ出れば気分も変わるはず!」

そう言って連れ出すなど。

 

帰ってきた後にさらに悪化ってよくある話。

 

外出が苦しい事が多くて、上の図のように「思いやりを受け止められる」レベルじゃないんです。

むしろ、限界なのに休ませてもらえないって追い込まれるものです。

 

支えるあなた1番が歯がゆくて、自分の夫(妻)・彼氏(彼女)に何もしてやれないのは、とても悲しい気持ちですよね。

 

 

「体調が良さそうだから、数ヶ月したらよくなるね。」

これも、うつ病には言わないであげて欲しいです。

 

 

「今の自分が出来ない」ことに、絶望しか見えてないもの。

少し先になるまでは、未来の話をするのは待ってくださいね。

 

気分や体調の良し悪しを自然に聞くくらいで、あとはそっとしてあげてください。

 

 

3)うつ状態の接し方は、適度な距離感を持つと本人の負担は軽くなる

 

 

「卵の殻の中で守られているイメージで過ごしなさい。」ってものがありました。心が割れて粉々になっているので、イメージですっぽりと守るものを持つ。そんな本でした。

夫婦の距離感は、健康な時でもある程度取っていませんでしたか?そのほうが上手くいく。2人にしかわからないことです。

[aside type=”normal”]
うつ病になると、ずっとふとん被って泣いている事が多いんです。真面目で期待に答えようとする頑張る人ほど、家族に迷惑をかけている自分を許せない。

うつ病になって何も出来ない自分は必要とされていない人間、生きていてはダメな人間。死んだほうが世の中のためになる・・・・。

こんな妄想に心が大荒れになっています。
[/aside]

本人が自分と向き合おうとする時間が必要。

 

 

あなたが接し方を考えて悩んでいるように、奥さんもまた自分への接し方が分からず真っ暗闇にひとりぼっち。

そんな感覚ですが、その気持ちを自分なりに落ち着かせるには、少し距離を置いてあげてください。

 

答えが出るまでは、人それぞれかかる時間がありますが、ひとりの時間を持つことが1番治っていく近道です。

家族や恋人を想う気持ち。あなたも泣きたいくらいつらいですよね。その想いは、伝わっています。

何もしてやれないではなくて、寄り添ってあげています。

 

[aside type=”normal”]少し、あなたの不安や心配が楽になってきましたか?[/aside]

 

 

4)うつの治療は長期戦!すぐ効果が出ないものと知ること。

 

 

 

うつ病に軽い状態や重い状態があるんですが、体調と気分の波が同じとは限らず、また、体調のいい日が続いているから、完治が近いとも限らならない。

むしろ、要注意なんです。

再発のある病気なので、完治とは言わずに寛解と表現されます。医師が判断をするのですが、ここまで来るとほぼ日常生活が送れるようになります。

 

最初に発症してから1度目の寛解までは、約2年かかっています。「引っ越し」「ストレスを感じ続ける言動を受け続ける」がなければ、もっと早く治っていたかも知れません。

うつ病に限らず病気は、長い期間の積み重ねで発症します。そばにいる家族は早く治ってほしい想いから、つい短期間に治るような接し方をするとかえって逆効果になるんです。

 

[aside type=”warning”]治す時こそ一歩一歩長い期間をかけて、ていねいに状態を回復させて行きましょう。[/aside]

 

5)病院には可能な限り付き添って、主治医と3者で診察をススメます。

 

 

あなたがぼくの話だけでは、きっと不安・悩みというか・・・看病やサポートする方向性を知っておきたいはず。

可能な限り奥さんの通院に2人で行ってください。主治医と奥さんの会話を聞いていると、あなたなりに気づくこと。また、普段気になっている事を主治医に聞くことが出来ます。

夫婦や親子といった家族同伴している患者は、珍しくないんです。 大丈夫ですよ。

[aside type=”warning”]ただ、奥さんが激しく嫌がるようでしたら、同伴せずに主治医に日頃の様子を手短にまとめたメモ程度の手紙を渡すという方法もあります。[/aside]

 

うつ病

 

 

 

大切なこと!遠慮なく他の病院に変わっていい。

 

合わない医師や医師自身がうつ病になっているケースには、本人ではまず気づけません。

その場合は、遠慮なく他の病院に変わっていいんです。

 

ぼくは、うつよりももっと酷い躁うつ病になりました。

 

1人で病院に通っていたので、誤診に気づかなかったためうつ病を悪化させています。

 

 

離婚したいと迷って考えているあなた。

 

家族であっても最悪は、あなたは逃げてもいいんです。



夫(妻)や彼氏(彼女)は、その人だけではありません。

あなたが逃げても自殺する勇気もありません。

あなたが不幸を感じているのままでは、うつ病や統合失調症・双極性障害などの患者を救えない

 

 

むしろ、あなたも共倒れで同じ病気になってしまいます。

 

うつ病は家族に伝染るとも言われるんです。

 

キツい事を書きましたが、ここからは「離婚したいと迷って考えているあなた」がいい方向になるよう一緒に考えましょう。

 

 

 

ずっとうつの看病して来たけど疲れてきた。

 

どう接していいか分からないまま、とても気を遣って神経使って負担になってましたもんね。

[box class=”blue_box” ]

  • イライラを子供や周りにぶつけてしまいそう。
  • 自分のリズムで生活出来なくて苦痛に感じてきてる。
  • パートナーのキモチにこれ以上どう寄り添っていいかわからない。
  • 自分も病みそう。離婚したい。

[/box]

 

あなただけではありません。誰でも、1人で抱えてしまうとそんな気持ちになります。一生懸命やってきたからそう思うんですよ。

 

うつ病家族にこんな思いもないですか?

 

ネットや本・主治医のアドバイス通りに看護して来たけど、よくなってないから看病疲れで誰かに助けて欲しい。

あなたは無理して来たから疲れてしまったんです。もう、無理しなくていいですよ!

 

うつ病の患者の見える・感じる世界を書きました。

 

繰り返しますが、

あなたまで共倒れが悲しいですし、ぼく自身が妻の精神疾患から同じように発病を経験している経験をしました。

 

 

病状とお金。この先の不安をなくしていきましょう。

 

不安の要素って、大きくは病状・金銭面この2つが心配ですよね。

ぼくなりになんとかやって来た方法をお話します。

 

 

うつ病の病状について

 

ずーっと相手をして来ても、調子がいいようで悪いようでこれが続いていつなおるの???

 

[aside type=”normal”]

ゴールが見えないって、めっちゃストレス![/aside]

 

 

うつ病患者との話は、聞き役に徹すると今より楽になる

 

適当に話を聞いていい、ガッツリ向き合わなくてもいいんですよ。

早く治ってる人や20年経っても闘病してる人の話をどこかで見聞きしたかも知れません。

一生懸命看病して、夫婦共倒れって本当に多いんです。あなたまでうつ病になってほしくない!

 

どんな病気でもなってみないと、本当の辛さや感覚は本人だけしか分からない。

主治医も患者をたくさん見ているけど、当事者じゃないから「自分事」でない。

[voice icon=”https://hikaru3.com/wp-content/uploads/2017/08/hikaru2_R.jpg” name=”ひかるん” type=”l big”]あなたが全て知ろうとか、どうか気負わないでいい。[/voice]

 

 

うつ通院して一年半でよくならなかったら、医者を変えよう

 

転院はタブーって思われているみたいですが、うつ病(躁うつ病)の病院を変わりたい人への記事で、患者が転院する生の声を知ってもらいました。

理由や具体的な転院のしかたをまとめています。

 

 

転院したおかけで・・

誤診が発覚(うつ病ではなく、双極性障害というまったく違う病気だった)

治療方法が変わり、転院半年で職場復帰して再発もなし。

薬は18種類から3種類に減薬。

 

 

うつなら半年でだいたいは改善してくる場合が多いんです。

双極性障害は、炭酸リチウム(リーマス)が効きはじめるのに2週間。

 

1ヶ月でかなりいい方向に変化します。

そうならないのは、医者かうつの原因から離れていないかのどっちか。

サッサと変えて、あなたも家族が楽になりましょう。

 

 

うつ病家族が抱えるお金の面について。

 

うつ病の本人がお勤めしていた人なのか、また自営業さんかで話が変わります。

日本にいる限りどうにかなります。知らされてないだけで色んな支援があるんです。

うつ病患者が、会社勤めの人向けの話なんですが、以前わかりやすく書いています。

 

こちらにまとめ⇒実際に利用したメンタル患者への公的支援のまとめ記事。

 

医療費は1割負担に減らせる自立支援医療を説明してます。関連記事を参考に申請しないと大損です!

[kanren postid=”204″]

 

 

障害年金の請求を考えてみませんか?

 

障害年金もうつ病でも1年半以上通院しているなら請求できます。

 

[voice icon=”https://hikaru3.com/wp-content/uploads/2017/08/hikaru2_R.jpg” name=”ひかるん” type=”l big”]「もっと、病気が重い人いるのにうつじゃ無理じゃない?」[/voice]

 

ぼくもそう思っていましたが、そんな事なく無事認定されています。

今までの収入の半分でもお金が定期的に入ってきたら、めちゃめちゃ心理的にストレス減。

 

[aside type=”normal”]自分で請求出来る人を見たり聞いたりしますが、一度不認定になると認められていて当然だったとしても、それをひっくり返すのは難しいです[/aside]。

 

僕は社労士に丸投げして待ってる最中です。

2017年2月に障害年金が認定されました。

 

【関連記事:障害年金の請求の詳細について

 

看病で疲れて果ててるあなたが、更に負担ふやさなくていい。

 

むしろ、手を抜けるところ抜いて、あなたがストレス発散する時間も持たないと(^_-)-☆

 

 

双極性障害が寛解した経験上お話できること。

 

奥さん(夫)がうつ病になって、めっちゃ悲しいし見てて辛いと思います。

なんとかしてあげたい!家族ならそうですね。

何も出来ないうつ病になった家族も、同じようにあなたの疲れた姿を見て辛い。

ぼくは、1番ひどかった時に付けていたメモから、当時の気持ちが見えました。

 

どんな事を思っていたんでしょう?

 

 

 

うつ病最悪の時、考えていた事は家族・仕事。自分のことは考えなかった。

 

[box class=”red_box”]

  • 会社に行かないと家族を路頭に迷わす
  • 早く働かんと同僚に迷惑かける
  • このまま治らんかったらもう俺は終わり
  • なんで俺だけこんな病気に。一生懸命やってきたのに。。。

[/box]

 

でも、今は違います。こんな考えだったのが原因で病気になった!

 

[aside type=”boader”]
もう一度、接し方の事を繰り返します。

パートナーがこんなようなことを言ってたら、うんうんって聞くだけ!

それでいいです。何も特別な事をしなくていい。

あなたや家族の存在そのものが一番の治療。

あなたや家族が元気でいるのを感じる事が一番の薬。

[/aside]

 

家族の介護や看病に疲れてしまった時って。

 

あなたの悩みの解決に参考になったらいいなと思いまとめました。

家族や恋人がどう接していいか分からない。それ以上に本人が1番うつ病になってどう伝えていいか分からないんです。

自分が精神疾患になってみないとわからないことばかり。

 

お伝えした要点の5つは、一見すると遠回りに感じるかもしれませんが、確実に良い方向に行きます。

 

 

[box class=”yellow_box” title=”この記事のポイント”]

[/box]

 

また、支えることを拒まれているように感じる場面もあるかも知れません。しかし、支えがいることがうつ病患者にとってはとても重要です。

家族が元気になって、また元の生活になった未来が想像出来るようになってませんか?

 

おすすめの関連記事はこちらです。

 

[box class=”blue_box” title=”関連記事”]

会社の方に読んで欲しい。うつの同僚への接し方で禁句を気にするより、自信を持たせるといい。

[/box]

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ひかるん

当サイト「hikaru3.Labo(ひかるんラボ)」管理人
45歳で軽度ADHDと分かり、現在リハビリ中。

ミラーレス片手に自然や大地に近づいて、様々な問題が解消。
Perfumeと仮面ライダー電王で「未来に希望を持つ」

詳しいプロフィールはこちらで~す

ひかるんをフォローする
うつ病について
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
hikaru3.labo

コメント メールアドレスは公開されることはありません。*印はが付いている欄は必須項目です。