よくある質問コーナーにリンク

初心者が知りたいWordPressのプラグイン更新する時に気をつけたい事とアップデートの方法。

ABOUTこの記事をかいた人

月間約10万アクセスのブログの運営者。HSP(繊細で敏感な人)であることがわかってから、自分のあり方を模索中。 双極性障害2型・PTSDを現在治療中。ブログを書きはじめて、回復しています。 【詳しいプロフィールはこちらで~す

こんにちはひかる(@hikaru3blog)です。

WordPressのダッシュボードに赤丸数字があるのが気になってませんか?

ひょっとしたら、何の数字か知っている人もいるかも。

でも、知らない人がかなりいると最近気が付きました!

 

この記事では、赤丸数字が何故出てきて、何のための数字なのか。写真を使ってていねいに説明します。

 

先に、ネタバレすると WordPress の プラグインの更新(アップデート)のお話。

WordPressの更新をする時にバックアップしてないと、最悪WordPressが真っ白になってなにも表示されなく壊れてしまう。

 

そんな話も珍しくない話を中心に次の4ステップを一緒に知っていきましょう。

 

 

「なぜプラグインの更新(アップデート)しないとダメかって?」

→「バックアッププラグインの紹介。」

→「プラグインの更新(アップデート)のメリット・デメリット」

→「プラグインの更新(アップデート)を写真で解説。」

 

 

※ WordPressの更新には、「WordPress本体」・「テーマ(親テーマ・小テーマ)」・「プラグイン」の主に3つがありますが、一番頻度の多い「プラグインの更新」を中心にします。

 

 

「なぜWordPressには更新があるの?」

 

「更新」の横の赤丸数字は何の数字と思いませんか?

冒頭にもお話ししましたが、WordPressのダッシュボードに赤丸で数字が出ていることがあり、なんだろうと思っていませんでしたか?

 

「更新」の横の数字はバージョンアップ待ちのお知らせで、これはパソコンでもスマートフォンでも同じような事があるんです。

 

それがなんやと言いますと、パソコンで言うならWindows やマック OS の更新。(Windows Updateですね)

 

また、スマートフォンの iOS だったり Android のアップデート。

 

アップデートでは、パソコンやスマートフォンの本体のシステムに機能の追加や廃止・セキュリティの強化などで、同じことが WordPress 本体でも行われています。

 

 

「更新を今日始めて知った人」や「長期間放置している人」は、今焦っていきなり始めないでください。

 

ダッシュボードの「更新」にある赤丸の数字が更新待ちの数なので、一気に更新作業をすると最悪途中でブログが消えてしまうことも。

 

更新作業を自分で始める前に(注意)

初心者の頃、「 WordPress の更新に赤い丸で数字が出てるの何やろな」って思ってましたが、「何が更新されるのか?」・「更新しないとどうなるのか?」をあまりはっきり分からないままでした。

 

分からないものを触るのが怖いような気持ちで、ずっと放置してたことがあり、更新の数が30を超えていたこともあります。

 

また、WordPress でブログを書いて2~3年のベテランさんでさえも、意外と更新の重要性を教えてもらってないまま見落としがちで「一度も更新をかけたことない」方も結構いらっしゃいます。

その場合、慎重に更新作業をして行くことで恐れる事もないのですが、2年3年分の記事が全部消えてしまうと思うと、よくわからない自分が更新作業をすると怖いですね。

 

長期間(そうですね1年とか2年とか )WordPress のプラグインが運営されてて 一度も更新したことがない方は、WordPress の制作をやってる制作会社さんや WordPress の復旧をされてる方に一度ご相談するのがベスト。

 

そうならないためのバックアップについて、順を追って説明します。

 

バックアップ・復元プラグイン「backWPup」の紹介

バックアップがなぜ大切なのか?

バックアップの大切さに触れる前に想像してほしいですが、スマートフォンのバックアップを取ってなくてLINEや電話帳のデータが全部消えちゃうとします。

 

イチイチ取引先や友達の電話番号とか覚えてないし、短縮メモリに入っちゃってるんでデータが消えちゃうと誰とも連絡が取れないっていう経験が誰にもありますね。

 

WordPress のバックアップをしていないと同じことで、何かのきっかけですべてのデータが消えてしまうと復元が困難になり、取り返しがつかない。かと言って手動でバックアップを取るのが結構大変。

 

そこで、自動的にバックアップを取ってリスクを減らそうっていうお話なんです。

 

ぼくも愛用しているバックアップと復元が出来るプラグイン「backWPup」は必須アイテムで、見たまま出来る設定の方法などいい動画を YouTubeで見つけました。

ぼくもこの動画を見ながら設定してリスク回避しています。

 

設定の説明が動画で理解できたところで、今まで「更新」のデメリットのみをお話ししましたが、メリットはないのでしょうか?

 

プラグインの更新(アップデート)のメリットとデメリットを整理してお話しましょう。

 

 

プラグインの更新(アップデート)のメリット・デメリット

 

プラグインを更新するメリットは、セキュリティ面と安定性の向上

プラグインの更新のメリットを中心にお話ししたいんですが、まずプラグインっていうもの自体がスマホやパソコンでの追加機能のイメージでOK。

つまり、本体がバージョンアップするとその同じバージョンに合わせたような形で今入ってるアプリもバージョンアップしてくるっていう流れです。

と、いうことは、

WordPress の更新された後に、プラグインの更新がされる場合が多く、プラグインとWordPressの相性が見直されます。

 

期待できるメリットは、「安定したプラグインの作動」と「セキュリティが強化」

 

逆に言ってしまえば、古いバージョンで放置してる場合は、新しいバージョンより動作も重くセキュリティも不安ですね。

 

プラグインを更新でのデメリットは、手間と消滅リスク。

反対にデメリットなんですが、「データが消えてしまうリスク」と「手間」になります。

 

1つ目の「データが消えるリスク」は初めに触れましたが少し補足。

 

レア中のレアケースで、パソコンやスマホでも「更新している時の通信の状況」や「急に電圧が変わる」などの不可抗力でデータが飛んでしまう場合があるんです。

 

でも、レンタルサーバー会社には、万一に備えてデータの保存サービスをしているものもあります。

※ ロリポップレンタルサーバーは、安心してデータを預けられるレンタルサーバー。
月額100円(税抜)~容量最大400GBでWordPress簡単インストールなど多彩な機能がついて、バックアップ機能も完備!

 

 

もう一つのデメリットというのが、プラグインの場合だけWordPress の「ダッシュボード(管理画面)にログインしなきゃできない」

 

WordPress の更新については、あらかじめ登録しているメールなどにお知らせがくるようにはなっていますが、プラグインについては通知だけで手動で操作をしないと勝手に更新してくれません。

 

プラグインの更新を簡単に写真で解説。

 

プラグインの更新を簡単に写真を使って説明します。

プラグインは一括更新も可能ですが、エラーが出た場合にどのプラグインが悪さをしたか分からないので、ひとつずつの更新をおすすめします。

 

ダッシュボードにログイン

 

ダッシュボード「プラグイン」をクリック

 

 

プラグイン一覧に表示されている「更新」をクリック

 

プラグインの「更新しました。」で更新終了。

 

 

この流れを更新の数だけ繰り返しましょう。

 

 

まとめ

 

プラグインの更新については、意外に知らない人が多いので記事にしてみました。

 

「なぜプラグインの更新(アップデート)しないとダメかって?」

→「バックアッププラグインの紹介。」

→「プラグインの更新(アップデート)のメリット・デメリット」

→「プラグインの更新(アップデート)を写真で解説。」

 

この流れで説明しましたが、謎の赤丸数字の意味がこれで分かったかな~と思っています。

ある程度慣れれば、プラグインの一括更新をやるようになりますがていねいにひとつずつ更新するクセをつけておきましょう。

 

おすすめの関連記事はこちらです。

エックスサーバーでPHPのバージョンアップとエラーが出ている場合(写真解説)。

ワードプレスの画像をいい感じの配置や大きさ変更をしたい

WordPressブログのカスタム記事・スクロール目次をサクッと解説

 



スポンサーリンク

シェアありがとうございます

HSPメールマガジンを読んでみませんか?


ブログでは伝えきれない情報

メールマガジンで配信しています。

 

◆ LINE@のメンバーさん。

◆ 最近、このブログを知ってくださったあなた。

 

現在、登録を大募集中!

メルマガ登録フォームはこちら